ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4月開始のETC限定「千葉外環迂回割引」とは?

首都高速とNEXCO東日本は、ETC限定の新通行料金割引「千葉外環迂回割引」を2022年4月1日から導入すると発表しました。千葉外環割引は、首都高速の神奈川県内区間・湾岸線浮島JCT~葛西出入口・横羽線空港西出入口と常磐道を連続する際、外環道の高谷JCT~三郷JCTを走行した場合に適用される割引です。


4月開始のETC限定「千葉外環迂回割引」とは?

千葉外環迂回割引は首都高経由の料金

4月1日から首都高速へ深夜割引が導入されることにより、神奈川県内区間・湾岸線浮島JCT~葛西出入口・横羽線空港西出入口と常磐道を連続走行する際は、首都高速経由の方が外環道の高谷JCT~三郷JCT経由より割安になるパターンが増えます。

2022年4月1日から導入されるETC限定の新通行料金割引「千葉外環迂回割引」は、外環道へ迂回した場合も首都高速経由の料金になるものです。

これまでも、NEXCO東日本・中日本と首都高速では、首都高速を迂回して圏央道や外環道ルートを走行した場合、ETC限定で首都高速ルートの方が通行料金が安い場合は迂回走行にもその料金を適用するという料金調整を行ってきました。今回の千葉外環割引は、この料金調整の範囲を拡大するものといえます。

千葉外環迂回割引は全車種区分が対象

例えば、横浜市内にある永田入口から首都高速に乗り常磐道の流山ICで降りた場合、4月1日以降の通行料金を計算すると首都高速経由は深夜割引適用時間帯に普通車1810円となるのに対し、外環道経由は2250円です。しかし、千葉外環割引の適用により外環道経由で走行した場合も通行料金は1810円で済むことになります。

千葉外環割引は、深夜割引の対象時間帯に適用されることが多いものですが、日中であっても割引対象となるほか、全車種区分が割引対象。ただし、外環道ルートに関しては高谷JCT~三郷JCTの走行のみ千葉外環割引の対象となり、川口JCT・京葉JCT・美女木JCTなどを経由した場合は割引対象外です。

なお、NEXCO東日本の「ドラぷら」をはじめとする高速道路会社の料金検索サイトでは、4月1日以降の通行料金は3月14日以降に検索可能となりました。そのため、3月13日までは走行時刻に4月1日以降を指定しても旧通行料金が表示されていたため要注意です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事