ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC利用照会サービスはレンタカーでも登録可能

「ETC利用照会サービス」は、過去15か月間にETCカードを利用した履歴をWeb上から確認できるものです。この15か月間は月単位となっており、2022年4月であれば2021年1月分以降の走行履歴がチェック可能。また、以前は走行履歴の反映は翌日以降でしたが、現在は走行後4~5時間後で確認できるよう変更されています(一部路線を除く)。


ETC利用照会サービスはレンタカーでも登録可能

ETC利用照会サービスは登録が必要

「ETC利用照会サービス」は、走行履歴を表示するだけでなく、利用証明書のPDF出力にも対応。出力したPDFファイルは、印刷することで領収書と同じ効力が発生するため、会社等の経費処理や個人の所得税・住民税の確定申告用の書類としても活用できるのです。

ETCでの走行履歴を確認する方法は、ETC利用照会サービスのほかに、SA・PAに設置されたETC利用履歴発行プリンターを利用する方法があります。

とはいえ、ETC利用履歴発行プリンターは実際にSA・PAへ行く必要があることと、現在走行中の高速路線の履歴が印刷できないため不便。ETC利用照会サービスの方がお手軽で便利です。

ETC利用照会サービスの利用には登録が必要で、登録の際には過去に高速道路を走行した際の走行日・ナンバープレート情報・ETCカード番号・ETC車載器管理番号の組み合わせを入力します。

ETC利用照会サービスにレンタカー

登録が完了すると、利用者が指定したユーザーID・パスワードでETC利用照会サービスへロクインできるようになります。また、ひとつのユーザーIDに最大10枚までETCカードを追加登録可能。実は、ETC利用照会サービスは氏名や住所を入力する必要がないため、家族のETCカードの走行履歴をひとつのIDでチェックできるのです。

さらに、ETCマイレージと異なりETC利用照会サービスは自家用車を所有しないドライバーでも登録が可能。例えば、レンタカーのみ運転するドライバーの場合、レンタカーで高速道路を走行した日とそのときに利用したレンタカーのナンバープレート情報・ETCカード番号・ETC車載器管理番号を入力すればOKです。

なお、レンタカーの場合はETC車載器をセットアップした際に発行される「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」を車検証・取扱説明書と一緒に車内に保管している会社がほとんど。グローブボックスなどに保管されている書類をチェックすることで、ETC車載器管理番号を知ることができます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事