ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ3社でのポイント還元率が高いクレカ2選

クレジットカードやスマホ決済など、幅広い支払い方法が選べるコンビニ。現在は各種ポイントと連携しているので、同じ金額を支払っても還元率が変わってきます。コンビニのお得な支払い方法を知っておいて損はないでしょう。さっそく、ポイントアップが期待できるコンビニ向けクレジットカード2種を紹介しましょう。


コンビニ3社でのポイント還元率が高いクレカ2選

コンビニのポイント還元率が最大10%

NL(ナンバーレス)やCL(カードレス)といったユニークで年会費無料のカードを提供する三井住友カード。同社カードはセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの大手3社で利用すると、ポイント還元率が最大で5%になるのが特徴です。

例えば、年会費無料の「三井住友カード(NL)」をコンビニ大手3社で使うと、通常の0.5%ポイント還元に加えて200円につき+2%、タッチ決済を使うとさらに+2.5%になります。

家族を登録するとさらに+5%になる「家族ポイント」も見逃せません。2親等以内の三井住友カード本会員対象に、登録すると人数に応じて「家族ポイント」が加算されます。家族5人になると+5%が付与され、コンビニ大手3社で使用すると最大10%還元になるのです。

コンビニポイント還元が3%にアップ

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、クレディセゾン発行で、プラスチックカードとスマホアプリ上のデジタルカード(後日ナンバーレスカードを発行)の2種類から選べます。

通常のポイント還元は0.5%と一般的ですが、QUICPay加盟店で使うと3%にアップ。QUICPay加盟店は大手3社に加え、ポプラやデイリーヤマザキ、生活彩家、セイコーマートなど14のコンビニが対象となります。

さらに、25歳以下の会員がコンビニ大手3社でApple Pay、GooglePay、セゾンQUICPayを使った場合は、ポイント還元率が5%にアップするのです。(文/大正谷成晴)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事