ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニで「切手の現金払い」回避する方法とは

少額の買い物が多いコンビニではかつては現金払いが一般的でしたが、最近ではクレジットカードや各種ICカード払いやQRコード決済などさまざまな支払い方法が選べます。ところが、切手や通販のコンビニ受け取りなど、一部の商品・サービスは「現金で」といわれてしまうことも…。こうした場合、現金払いを避ける方法はあるでしょうか。


コンビニで「切手の現金払い」回避する方法とは

コンビニで切手が現金払いになる理由

コンビニで売られている商品のうち、現金でないと購入できない代表的なものが、切手・収入印紙や各種商品券です。これらの商品が現金でないと購入できない理由について、大手コンビニチェーンに確認したところ「換金性が高く、転売目的の利用を防ぐため」とのことでした。

とくに、商品券や新幹線回数券は、お金に困った人が転売目的でクレジットカードなどで大量購入し、金券ショップで売却する「現金化」は昔から行われてきました。コンビニ側としても、そうしたグレーゾーンな取引に関わることは避けたいと考えるのは自然な話です。

とはいえ、切手やはがき・収入印紙については、現在は郵便局の窓口へ行けばクレジットカードや交通系ICカードで購入可能。郵便局でも、大量購入については現金のみの対応となりますが、84円切手1枚のような少額については、24時間営業のコンビニで現金以外で購入できた方が便利です。

コンビニで切手がICカード購入できる

実は、大手コンビニチェーンのなかには、切手・収入印紙・はがきについて現金以外を取り扱うケースも存在します。例えば、セブンイレブンは系列のICカード・nanacoを利用することで切手などを購入することができます。

同様に、イオン系列のミニストップであればWAON、ファミリーマートはファミマTカードが、切手などおn購入に対応。ただし、セブンイレブンも含め切手などの購入金額分についてはポイントの対象外となるため要注意です。

また、セブンイレブンやミニストップでは通販の振り込み用紙や公共料金・税金の支払いについてもそれぞれnanacoやWAONを利用することができ、税金はポイントの対象にもなります。なお、ファミリーマートではファミマTカードで公共料金の支払いはできますが、税金は現金のみとなりいずれもポイント対象外です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事