ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マキタそっくりで価格は1/5のインパクトレンチ

AliExpressやBanggoodなどで展開している、格安工具ブランドの「Drillpro」。マキタを彷彿とさせるカラーリングで、特にインパクトレンチは「TW284D」にそっくり。それでいて価格は5分の1というから驚きです。明らかな意匠権の侵害でいかがなものかと思いますが、どのような製品なのか実態をチェックしてみました。


マキタそっくりで価格は1/5のインパクトレンチ

Drillproのインパクトレンチの特徴

Drillproの「ブラシレス電動インパクトレンチ」は、外観の成形品質や質感は意外と良く、パチモノ感はありません。本家が20,000円以上するのに対し、本体のみとはいえDrillproは3,000円台で買えるとは驚きです。

専用のバッテリーと充電器は含まれませんが、マキタ製18VのBシリーズを流用できます。なるほど…といった感じです。

搭載モーターは、耐久性が高く、トルクも出る高性能なブラシレスモーターを採用しています。ブラシレスモーターは、カーボンブラシや整流子が無い構造で、非接点なため熱が出ず、効率が良いのが特徴です。

スイッチを押すごとに、トルクのLARGE/SMALLが切り替わる設計。また、バッテリーの充電残量がインジケーターで表示されるようになっています。

Drillproのインパクトレンチを試す

チャックには、1/2インチのソケットレンチがはまる設計。また、中心部には一般的な6.35mm六角軸のビットが取り付け可能です。

実際にDrillproのインパクトレンチでホイールナットを外してみたところ、非常にスムーズ。締め付けはトルクが不明なため、最後はトルクレンチで手締めしました。

マキタの純正バッテリーを取り付けられる形状に設計されているようで、非純正の互換バッテリー(MUSTOOL製)も試してみると、こちらも問題なく使えました。

ただし、非純正の互換バッテリーをマキタ純正の充電器で充電するのはNG。電流値が合わず発火する恐れがあるからです。

トルクは520N.mで、回転数は0~4000rpm。サイズ/重さは150W×200H×80Dmm/1,104g(バッテリー含まず)となっています。実勢価格は3,775円です。(文/oink!)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。