ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ゲームボーイカラーを改造キットで大画面プレイ

1998年発売のゲームボーイカラーは、カラー表示のゲームが単3形乾電池×2本で約20時間駆動という初代ゲームボーイの上位互換といえる携帯ゲーム機でした。しかし、TFT反射型液晶は視認性が悪く、当時はフロントライトキットなどが重宝されていたほど。そんなゲームボーイカラーのアップグレード改造を紹介しましょう。


ゲームボーイカラー改造で大画面テレビでプレイ

ゲームボーイカラーの改造キット開発

昨今のレトロゲームブームで、ゲームボーイカラーをIPS液晶に換装できるキットがマニアの間で話題となりました。最近ではさらに一歩進み、IPS液晶+テレビ出力(コンポジット)に対応した改造キットが開発されています。

ゲームボーイカラーの実機を使って、ゲームを大画面でプレイできるようになっているのです。そのキットが「SRPJ GBC用バックライトIPS液晶+TV出力キット」(実勢価格:6,900円)です。

ゲームボーイカラーの改造は、まずは分解から。背面のYネジを6本を取り外し、液晶パネルのフィルムケーブルを抜きます。基板を取り除いたら、固定されている液晶パネルを外し、スクリーンパネルも剥がしてください。

続いて、換装用の基板とIPS液晶パネルに付属の絶縁シールを貼ります。IPS液晶用のスクリーンパネルを取り付けたらパネルを固定。この時、電源スイッチ側は6mm、パイロットランプ側は3.5mmの隙間が空くように調整します。

ゲームボーイカラー改造でテレビ出力

隙間は付属のスポンジをカットして固定可能です。次に換装用基板のフィルムケーブル横「AV」と「GND」に付属のリード線をハンダ付け。ケース上部にケーブルを逃がすための隙間を加工します。

ここまでできたらIPSパネルと基板を接続して、テープなどで固定。最後に、換装用基板のAV、GND配線を通信ケーブルポートにハンダ付けします。AVは通信ケーブル3ピンに、GNDはそのままGNDに配線してください。

基板から出ている銅テープ付きの配線はケース上部に固定。すべて終わったら仮組みして、起動チェックします。これでゲームボーイカラーを大画面でプレイできるようになるのです。

通常の携帯ゲームプレイモードで起動した後に、付属のAVケーブルを本体に接続。銅テープ部分を2か所同時に長押しすると、テレビ出力に切り替わる仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事