ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソー完全ワイヤレスイヤホンの高音質化改造

ダイソーから完全ワイヤレスイヤホンが1100円という価格で登場しています。一流メーカー製品を知っていると、どうしても性能差に不満が出てきてしまいますが、メリットもあります。それは改造のドナーにしやすいということ。プラスチックはめ込み式のイヤホンとケースは簡単に分解できるので、自由にイジりやすいのです。


ダイソー完全ワイヤレスイヤホンの高音質化改造

完全ワイヤレスイヤホンの金属を除去

ダイソーの完全ワイヤレスイヤホンは、女性ボーカルなど、高音域寄りの音楽はそれなりに聞けるものの、あくまでも100均クオリティといった感じの薄い音質です。

1,100円のイヤホンに音質を求めるのは無理なハナシかもしれませんが、もうちょっと何とかしたい…ということで、完全ワイヤレスイヤホンを高音質化する2つの改造を行いました。

1つ目は、ホコリ防止用に付けられた金属メッシュを除去する改造です。これで、微妙な音の乱反射が減り、しっかりと音が乗るようになりました。

改造方法は、イヤーピースを外すとノズル部分にホコリ防止用の白いネットが見えます。これが音を乱す原因にもなっているのです。金属ネットは両面テープで固定されているだけなので、ピンセットなどでつまんで剥がしましょう。

完全ワイヤレスイヤホンにスポンジ

2つ目として、内部にウレタンを追加する改造。スピーカー裏からの反響音がきちんと返ってくるようになり、低音域も聞き取りやすくなっています。

改造方法は、まずイヤホンのつなぎ目に爪を刺し込んで分解すると、イヤホン受信基板とバッテリーがお目見え。ケース下側にはドライバーユニット、マグネット、充電端子があります。

ここでウレタンスポンジをイヤホンの内側に収まるサイズ(2W×1.5Hcmほど)に切り出して、ドライバーユニットを覆うように押し込むのです。バッテリーと基板を元に戻してケースを組み立てます。

プラモデル用タミヤセメント(流し込みタイプ)などを接合部分に流し込み、しっかりと固着させれば、完全ワイヤレスイヤホンの高音質化改造は完了です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事