ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ICOCA定期券の「時差通勤ポイント」って何だ?

JR西日本は、平日昼間に割引料金を設定するなど、時間帯による割引サービスを早くから取り入れてきました。この4月からは、ICOCA定期券向けに時差通勤向けのポイントサービスもスタート。ピークタイムを外し、遅めの通勤となる乗車について乗車回数に応じたICOCAポイントが貯まり、ボーナスポイントも用意されています。


ICOCA定期券の「時差通勤ポイント」って何だ?

時差通勤ポイントは通勤定期券が対象

JR西日本では、ICOCA定期券限定で朝の通勤で時差通勤をするとポイントが貯まる「時差通勤ポイント(ジサポ)」を実施中です。ジサポの対象となるのはICOCAの通勤定期券のみで、通学定期券やこどもICOCA定期券は対象外。現在のところ2022年3月31日までの期間限定となっています。

ICOCAポイントで還元が行われるため、ジサポの利用にはICOCAポイントへICOCA定期券の登録が必要です。また、近鉄が発行するKips ICOCAの通勤定期券については、JR西日本路線が定期券の区間に含まれている場合のみジサポのポイント付与対象となります。

ジサポが貯まるのは、平日9時15分~10時30分までに対象エリアへ到着する乗車で、利用回数1回ごとにICOCAポイントが20ポイント、さらに毎月10回、15回の利用時にボーナスポイントが30ポイント貯まる仕組み。月15回時差通勤を行った場合は、300ポイント+60ポイントの合計360ポイント貯まることになります。

時差通勤ポイントの対象は大阪中心部

「ジサポ」対象となる着駅は、大阪環状線と東海道線新大阪駅~尼崎駅、東西線京橋駅~尼崎駅・桜島線西九条駅~桜島駅・関西線JR難波駅~新今宮駅。なお、ジサポの時刻判定は降車駅のみで行われ、乗車駅の通過時刻は関係ありません。

ただし、新大阪駅で新幹線へ乗り換える場合、乗り換え改札口を利用するとジサポの対象外。さらに、定期券区間でない乗り越し乗車や自動精算機での精算、同一駅での乗降でもジサポは貯まらないので要注意です。

なお、ジサポのポイントは毎月ごとに集計され、翌月に対象のICOCAへ付与される仕組みです。また、毎月貯まるジサポのポイントには上限があり、その月の平日数に応じて420~500ポイントとなります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事