ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

都バスの新ポイント「ToKoPo」で還元率が改悪!

東京都内でバス・地下鉄・路面電車・新交通システムを運営する東京都交通局は、共通のポイントプログラムとして「ToKoPo」を実施中。10月1日からは、乗り継ぎのみが対象だった都バスでも乗車ポイントが貯まるようになります。一方で、都バスのバス特と乗継割引は廃止。この改定で、都バスのおトク度はどう変わるのでしょうか。


都バスの新ポイント「ToKoPo」で還元率が改悪!

ToKoPoのポイント内容を10月から改定

東京都交通局は、現在実施中のポイントプログラム「ToKoPo」に関する内容を2021年10月より改定し、あらたに都営バスへの乗車についてもToKoPoの対象になることを発表しました。合わせて、都営バスで実施中の「バス利用特典サービス(バス特)」「乗継割引」は9月30日で終了となります。

ToKoPoは、あらかじめ会員登録したうえでさらにPASMOを登録して利用するポイントプログラムで、これまでは都営地下鉄/日暮里・舎人ライナー/都電荒川線へのPASMOでの乗車と、都営地下鉄/日暮里・舎人ライナー/都電荒川線/都営バスのいずれか2種類以上へ同じ日に乗車するとポイントが貯まるという内容でした。

2021年10月1日の改定では、都営地下鉄/日暮里・舎人ライナー/都電荒川線/都営バスへの乗車1回ごとに基本ポイントの2ポイント。土休日ではさらに1日につき2ポイント、2種類以上を乗り継ぐ「乗り継ぎボーナスポイント」が1日10ポイントがそれぞれ貯まるという内容へ変わります。

ToKoPoでポイント還元率が悪くなった

今回の改定と、バス特・乗継割引の終了を合わせて考えた場合、都営バスのおトク度はどのように変わるのでしょうか。ToKoPoでは、貯まったポイントは10ポイント=10円でPASMOチャージへ充てる仕組みです。東京23区内での乗車を考えた場合、都営バス運賃は210円均一のため、ポイント還元率は約0.95%です。

一方、バス特は毎月対象バス路線へ1000円乗るたびに110~300円分のバス特典チケットが手に入ります。1000円単位での還元となるため、1000円未満の端数は出てしまうものの、毎月1000円以上乗車すれば最低でも5.5%以上は還元される計算。つまり、都営バスのヘビーユーザーにとって今回の改定は実質、値上げともいえます。

乗継割引の終了についても同様で、乗継割引では90分以内に都営バスを乗り継ぐと2回目が半額になるという内容。割引率は33%にもなり、1%程度のポイント還元とは比較にならないほとお得です。ただし、ToKoPoのポイントには有効期限がないため、月1回ほど都営バスに乗るようなライトユーザーは改訂後の方が有利になります。

ちなみに、かつてはPASMO加盟のバス会社の多くがバス特を実施していましたが、2021年2月以降終了するバス会社が続出。9月時点で東京都内でバス特を実施していたのは東京都交通局と日立自動車交通の2社となっていました。10月1日以降、東京都内でのバス特サービスは日立自動車交通のコミュニティバスのみです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事