ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JR東日本のグリーン車に乗るなら3/11まで狙い目

原油高や景気の落ち込みなどにより、さまざまな商品の値上げが話題となっています。新型コロナによる影響を大きく受けた鉄道会社も例外ではなく、JR東日本はグリーン料金を3月12日のダイヤ改正に合わせ値上げすると発表しました。このため、グリーン車へおトクに乗車したいのであれば、ダイヤ改正前の3月11日までが狙い目です。


JR東日本のグリーン車に乗るなら3/11まで狙い目

JR東日本のグリーン車が値上げされる

JR東日本は、これまでJR東海・西日本と比べ、新幹線を含む特急のグリーン料金を割安に設定していました。東海道新幹線で東京駅~大阪駅間のグリーン料金は5400円ですが、ほぼ同じ距離の東京駅~盛岡駅は4190円と、1000円以上も割安です。

JR東日本のグリーン料金が割安に設定されたのは2002年12月からで、その際にはグリーン料金の値下げが行われました。これは、2002年12月に東北新幹線が八戸駅まで延伸したことに合わせ、グリーン車の利用促進を狙ったものでした。

しかし、2020年に始まった新型コロナウイルス感染症の流行により、新幹線を含む特急列車の利用客は大幅に減少。今後も鉄道の利用状況が回復するか不透明なため、JR東日本は2022年3月12日のダイヤ改正に合わせ値上げへ踏み切ることになりました。

JR東日本でも値上げのないグリーン車

とはいえ、値上げ後のJR東日本のグリーン料金はJR東海・西日本などとほぼ同じ水準で、JR東日本のグリーン車だけが割高ということにはなりません。ただし、もともと利用キロに限らず2100円と割高だった成田エクスプレスのグリーン料金は2800円へ値上げされ、JR各社のなかでもっとも高水準な料金になってしまいます。

また、新幹線のグランクラス(301~400キロを除く)やサフィール踊り子のプレミアムグリーン料金やグリーン個室料金も値上げ。グランクラス料金やプレミアムグリーン料金はグリーン料金をベースに決定しているため、今回同時に改定されるのです。

なお、JR東日本が首都圏路線で運行する普通列車の自由席グリーン車に関しては、3月12日以降も料金に変更はありません。また、東京駅~修善寺駅で運行中の特急「踊り子」のように、JR東日本・東海をまたぐ列車のグリーン車についても値上げは行われず、これまで通りの料金です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事