ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaでポイント二重取りできる意外なお店とは

Suica利用で貯まるポイント「JRE POINT」は、JR東日本路線への乗車や駅構内のキオスク・駅ビルでのショッピングだけでなく、駅から遠く離れたスーパーやショッピングモール、書店などで貯めることも可能です。そんなSuicaでポイント二重取りできる意外なお店があります。


Suica利用でポイント二重取りができる意外な店

Suicaのポイント二重取りする方法

JRE POINTは、JR東日本の鉄道利用のほか「アトレ」をはじめとしたJR東日本の駅ビル、キオスクなどでもポイントが貯まる、JR東日本グループ共通のポイントプログラムです。JRE POINTを貯める方法は店舗などにより異なり、Suica決済で貯まる店舗と、JRE POINTカードを提示して貯めるパターンの2種類があります。

このうち、JRE POINTカードの提示が必要になる店舗は、「アトレ」「エスパル」などJR東日本の駅ビル内の各店舗が対象です。一方、Suica決済で貯まるのはJR東日本の鉄道路線への乗車のほか、JR東日本駅内にあるキオスクやレストラン、JR東日本グループのホテルなどが該当します。

さらに、Suica決済でJRE POINTが貯まる店舗には、JR東日本グループ以外の提携店舗も含まれます(いずれも関東・東北・中部エリア)。例えば、セブン・アイグループのイトーヨーカ堂やアリオ・デニーズでは、1回のショッピングで200円につき1ポイントが貯まります。そんなSuicaでポイント二重取りする方法があるのです。

Suicaのポイント二重取りで還元率2%

Suica決済でJRE POINTが貯まる店舗のうち、より還元率が高いのが紀伊國屋書店と洋服の青山で、100円につき1ポイントが貯まります。JRE POINTは1ポイント=1円としてSuicaチャージが行えるため、還元率は1%です。

さらに紀伊國屋書店の場合、各店舗共通となる「紀伊國屋ポイント」とJRE POINTを同時に貯めることも可能。紀伊國屋ポイントは、同店舗でのショッピング100円につき1ポイント(洋書・洋雑誌・CDは5ポイント)貯まる仕組みで、貯まったポイントは1ポイント=1円で利用できます。

このため、紀伊國屋書店でのショッピングでSuica決済を利用した場合、JRE POINT・紀伊國屋ポイントを合わせると100円につき2ポイント貯まる計算となり、還元率は2%。この還元率は、書店としては大きなもので、例えば蔦屋書店で貯まるTポイントは220円につき1ポイントです。

また、JRE POINTが貯まる意外なサービスでは、ヤマト運輸の宅急便代金をSuicaで支払う場合、JRE POINTを200円につき1ポイントを受け取れます。ただし、コンビニ等の店舗から発送する場合はJRE POINT対象外で、セールスドライバーへの集荷を依頼した場合のみJRE POINTが貯まる仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事