ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

時差通勤でポイントが貯まるサービスを見逃すな

電車の混雑を減らすため、時差通勤をするとポイントが貯まるサービスが、各鉄道会社で導入されています。一度登録しておけば通勤・通学でポイントが自動的に貯まっていくので登録しない手はないでしょう。時差通勤でポイント獲得できる西武鉄道のオフピークプラスと、東京メトロのデイタイムポイントを見ていきましょう。


時差通勤でポイントが貯まるサービスを見逃すな

西武鉄道の時差通勤ポイントサービス

西武鉄道の「オフピークプラス」は駅ごとに入場時間帯が指定されていて、その時間内に改札を通って指定の駅を出場すると、10ポイントもらえます。

ポイントを貯めるには、PRINCE CLUBに無料入会してPASMOと連携させたら、キャンペーンにエントリー。あとはPASMOで乗るだけで、自動的に貯まっていきます。

オフピークプラスは具体的には、平日朝に登録済みのPASMO定期券を使って西武鉄道の駅から乗車し、西武線の池袋駅・高田馬場駅・西武新宿駅のいずれかから12時までに出場すると、1日1回まで10ポイントもらえる仕組みです。

東京メトロの時差通勤ポイントに登録

一方、西武鉄道には「おでかけプラス」も用意されています。こちらはレジャー向けのキャンペーンを複数実施。例えば、10月31日まで豊島園駅を16~22時の間に出場し、かつ豊島園庭の湯を利用すると30ポイント貯まります。

東京メトロの場合、公式サイトで会員登録後、東京メトロの自動券売機でPASMOを登録。これで乗車10回/月で10Pの「ボーナスポイント」がもらえるようになります。

このほか「デイタイムポイント」は、平日10時30分~16時30分に出場すると、5Pもらえるもの。「ホリデーポイント」は、土日祝日に電車に乗ると7Pもらえます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事