ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スティック型PCはファン付きモデルがおすすめ

2万円と格安ながら、重い作業を除けば全く問題なく使えるスティック型PC。手持ちのテレビが流用できるのも魅力です。そこで、現行のスティック型PCを「起動時間・熱対策・ストレージ・グラフィック」の4つの基本テストで検証。スティック型PCのおすすめモデルを選びました。



スポンサーリンク
スティック型PCはファン付きモデルがおすすめ

スティック型PCは通常使用で3W程度

まずは起動時間の比較です。スティック型PCは通常使用で3W程度と省電力。いちいちシャットダウンしなくても問題ありません。eMMCストレージ(SSDよりやや遅いフラッシュメモリ)なので、ストレスなく起動します。起動時間が短いのは、ドスパラ、エプソン、FRONTIERの順でした。

続いて、スティック型の熱対策で比較します。筐体が小さく熱がこもりやすいスティック型PC。ファン付きだと温度上昇もゆるやかだが、小型ファンでは排熱能力も控えめです。モニターの熱から遠ざけるために同梱HDMI延長ケーブルを利用しましょう。温度上昇は、パソコン工房、FRONTIER、エプソンが温度が低めでした。。

さらに、ストレージと3Dゲームのベンチマークを実施。診断には定番の「CrystalDiskMark」を利用しました。eMMCのため爆速とはいきませんが、通常使用では問題ない程度の速度が出ています。ストレージはドスパラ、マウス(ファンなし)が高得点ですが、他は同程度です。

ファン付きスティック型PCは安心感

グラフィックは『DQ10』ベンチマークを実施。各社ともさすがにスコアが伸びず動作困難でした。動画再生は問題ありませんが、ゲームは『艦これ』や『刀剣乱舞』などのブラウザゲーム程度に割り切りたいところ。エプソン、マウス(ファン付き)、パソコン工房がやや高得点でした。。

今回検証したスティック型PCでは、ベンチマークや使用感などで大きな差は見られませんでした。しかし、あえてオススメを選ぶならマウスコンピューター「MS-PS01F」とエプソン「SY01」です。

これからの季節を考えると、ファン付きのスティック型PCは安心感があります。また、ファンレスモデルなら、大型ヒートシンク搭載のFRONTIER「Palm Stick PS01H」がよいでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/在原裕貴)

■「スティック型PC」おすすめ記事
スティック型PCならテレビでネットが楽しめる
スティック型PCはメーカーで排熱処理に差がある
スティック型PCのセットアップは5分で終わる
スティック型PCはテレビに挿して起動するだけ!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事