ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで横行する“ステマレビュー”の実態

Amazonでは、業者から直接商品提供を受けてレビューを書くことは規約で禁止されています。それでは、Amazonに“ステマレビュー”はないのでしょうか。答えは「ノー」です。年間100件以上の商品レビューを投稿する有力レビュアーには、日々業者から高評価レビューの依頼メールが山のように届きます。


スポンサーリンク
Amazonで横行する“ステマレビュー”の実態

Amazonのレビューの依頼メール

Amazonのステマレビューの依頼メールを見てみると、不自然な日本語から恐らく中国あたりの海外メーカーであることが分かります。指定の商品を1度購入して、注文番号を伝えると代金と手数料5%を返金すると書かれています。

☆5の評価とレビューには写真や動画も添えてほしいこと、さらにレビューの中で「無償で受け取った」「サンプルをもらった」などの語句を入れないようにとの指示があります。これは明確なAmazonの規約違反です。

実際、依頼メールにも「Amazonの指針違反だからです」という文言があり、業者側にも違反の認識があることが分かります。このようなさまざまな商品のステマ依頼が、ほぼ毎日のように届くのです。

Amazonレビューが不自然な高評価

もう1つのパターンが返金ではなく、ユーザーにコンビニ決済を選択させて、業者が代金を支払うというアナログな方法です。他にもPayPal口座に返金するといった方法もよくありました。

実際に、Amazonの当該商品のレビューを見てみると、不自然な高評価レビューが並んでしました。また、業者の指示通り、画像や動画を付けたレビューが多く見られるのも特徴的です。

こうした業者によるレビューの依頼は、質が高いと“業者が”判断したユーザーに対しても行われているようです。このレビューのお陰かどうかは分かりませんが、この商品は「ベストセラー1位」になっていました。(文/VA286)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事