ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識

著作権法が改正され、違法ダウンロード刑罰化が施行されて早3年が経過。しかし、いまだに動画サイトやアップローダ上には、著作権のある作品が大量にアップされているのが実情です。ここでは、そこで著作権法の解釈をおさらい。合法と違法を見極めて安全にダウンロードしましょう。



スポンサーリンク
違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識

違法ダウンロードは逮捕などの刑事罰

違法ダウンロード刑罰化法案(2012年10月施行)により、著作権の侵害が疑われるファイルを故意に違法ダウンロードする行為は、逮捕などの刑事罰の対象となりました。とはいえ、すべての作品が違法ダウンロードの対象になるわけではありません。

まずは動画サイトでバラエティやアニメを視聴するのはどうでしょう? 著作権のある作品でも視聴するだけなら、現行法では合法。ドラマや映画も同様です。

ダウンロード刑事罰化では、動画ファイルを保存することについて禁じていますが、YouTubeやFC2動画などの動画サイト上でストリーミング視聴することについては罰則化されていません。

ファイル共有は逮捕者が多く出ている

それでは、動画サイトにテレビ番組や映画をアップするのはどうでしょう? 不特定多数に向けて有償著作物をアップロードするのは、当然違法です。

ファイル共有はダウンロードと同様にアップロードも行われるため、逮捕者が多く出ています。刑罰としては、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金。動画のアップロードが許されるのは、オリジナル作品のみです。

一般人がアップした動画をダウンロードするのはどうでしょう? アマチュアの人が作った動画でも、著作権はその制作者にあります。つまり、テレビ番組にしても、素人のビデオにしても、著作権者に無断でダウンロードすることはNGです。

また、各動画サイトごとにダウンロード規約が設けられている場合があります。ダウンロードを実行に移す前にチェックしておきましょう。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「違法ダウンロード」おすすめ記事
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

■「ダウンロード」おすすめ記事
画像ダウンロードを全自動で行う便利ソフト
投稿画像を一括ダウンロードできる便利ツール
漫画喫茶のパソコンでダウンロードする方法
FireFoxはダウンロード速度がダントツに速い!
Facebookの写真を根こそぎダウンロードする
アップローダの流出ファイルはパスワードが必要

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事