ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

逮捕者も出た「ファスト映画」は今なお健在か?

映画のストーリーを映像とともに10分程度にまとめて紹介する「ファスト映画」。在宅ワークの広がりとともに増えていましたが、逮捕者が出たことでやや下火になりました。しかし、それは邦画に限ってのこと。洋画のファスト映画は削除もされず、事件以降もアップロードされ続けています。ファスト映画のその後を見ていきましょう。


逮捕者も出た「ファスト映画」は今なお健在か?

ファスト映画の投稿者らが逮捕された

2021年6月、ファスト映画の投稿者らが著作権法違反で逮捕されました。著作権法違反の場合、10年以下の懲役か1,000万円以下の罰金、またはその両方が課せられます。

ファスト映画の特徴としては「作品のストーリーを紹介」「1本あたり10分程度」「映画の映像を無断使用」「字幕・ナレーション付き」が挙げられます。

ファスト映画の目的は広告収入です。多くの人に見つけてもらいやすくする必要があります。そのため、監視の目を掻い潜る対策などはせず、堂々とアップ。映画のタイトルで検索するだけで簡単に見つかる状況でした。

逮捕者が出て以降のファスト映画検索

逮捕者が出てからは、ファスト映画でも作品名を伏せた動画が増えたようです。とはいうものの、タイトルから何となく想像できるようにはなっています。

逮捕者が出て以降、邦画のファスト映画は大量に削除されましたが、すべての動画が消されたわけではありません。今でも削除されていない邦画のファスト映画は存在します。

タイトルが伏せられたファスト映画は、「#映画紹介」とタグ検索すると見つかるはず。「#映画紹介」以外にも「#ドラマ紹介」「#書籍紹介」のように、作品の概要を解説する動画のタグが存在します。

■「セキュリティ」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
パソコンの画像を盗み見られないための防衛策
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
スイカの履歴を読み取る方法とその防衛策とは?
SQLインジェクションは個人情報を根こそぎ奪取
最新AI技術を駆使した「モザイク除去」の到達点

■「違法」おすすめ記事
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事