ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

MP4動画ファイルをDVDプレーヤーで再生する

MP4やFLV形式などの動画ファイルは、DVD-Rなどのディスクに焼いただけではDVDプレーヤーで再生できません。DVDプレーヤーで再生できる形式に変換する、いわゆるオーサリングと呼ばれる作業が必要になります。MP4動画ファイルをDVDプレーヤーで再生する方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
MP4動画ファイルをDVDプレーヤーで再生する

MP4をDVD-Videoに変換する必要

PCに保存しているMP4やFLV形式などの動画ファイル。単にディスクに焼いただけでは家電プレーヤーでは再生できません。DVDはDVD-Video、BDはBDMV形式への変換が必要なのです。

そこで便利なのが、「Freemake Video Converter」。フリーソフトでありながら、編集・変換・書き込みまでを、これ1つでできるのです。スマホ用に書き出すこともできます。

ディスクに焼く前に、CMや不要なシーンをカットしましょう。CMカットは編集したい動画の右にあるハサミのマークをクリック。プレビュー画面を見ながらカットしたい先頭部分と末尾部分を選択して「カット」ボタンを押します。

MP4ファイルを結合してDVD化

また、分割されているMP4やFLV形式のファイルは1本に結合しましょう。結合はダビングしたいファイルをすべて登録。右上の「ファイルを結合」タブをONにすれば、1本のファイルにまとめられます。

あとは変換してディスクに焼くだけ。DVD化するならDVDアイコン、BD化するならBlu-rayアイコンをクリック。設定項目を選択すると、あとは変換→ディスクへの書き込みまで自動で進みます。

DVDで設定すべき項目は2つ。PALではなくNTSCに設定することと、DVDの種類を片面1層の標準なDVDか片面2層のダブルレイヤーかを設定します。BDで設定すべき項目は、25GBか50GBのBDの種類です。

■「MP4」おすすめ記事
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法
カセットテープをデジタル化してSDカード録音
8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事