ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

見逃したドラマはTVerが定番テクニックになる

2015年10月下旬、在京キー局5社が共同で放送終了後から約1週間(次回放送まで)、無料で番組が見られるポータルサイト「TVer」を起ち上げました。放送直後のドラマやバラエティ番組が無料で楽しめます。今後は見逃したドラマはTVerにアクセスするのが定番テクニックになるでしょう。



スポンサーリンク
見逃したドラマはTVerが定番テクニックになる

見逃したドラマはTVerにアクセス

TVerとは日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの見逃し配信を、まとめてチェックできる公式サイト。PCの場合、会員登録や専用ソフトは不要かつ、解像度は約1280×720ドットと高画質なのが特徴です。

番組数は各社10番組、計50~60番組が常時ピックアップ。テレビ局ごとではなく、「新着」「まもなく配信終了」などとあくまで番組主体で掲載されているのがポイントです。見逃したドラマやバラエティは、まずはTVerにアクセスするのが、これからの定番テクニックになるでしょう。

なお、TVerは広告収入により、無料で利用できる仕組み。なので番組を選択すると、再生前・再生中に約15秒間のCMが再生されます。なお、再生画面中のメニューバーから、全画面表示化が可能です。

見逃したドラマを高画質で視聴

TVerは会員制ではないものの「マイリスト」にお気に入りの番組を登録できるなど、使い勝手は上々。地上波に加え、一部系列のBS番組もカバーしています。

TVerの使いこなしポイントとしては3つ。1つは、PCのブラウザやスマホアプリで見られること。地方からでもテレ東をはじめ、東京の番組の視聴が可能です。2つめは、視聴できる期間は約1週間程度ということ。放送終了後から、次の放送日まで無料で配信されることになります。

3つめは、解像度は約1280×720ドットと高画質であること。ビットレートは最大2Mbps程度で、フルスクリーンでも十分なクオリティ。見逃したドラマを高画質で楽しめます。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「見逃したドラマ」おすすめ記事
見逃し配信はローカル局の公式サイトを活用する
見逃し配信ならアニメのニコ動とドラマのGYAO!

■「TVer」おすすめ記事
TVerアプリはフジとテレ東で別アプリが必要
動画配信サービスはTVerの登場で新時代に突入
スマホでテレビを見るなら「TVer」は神アプリ

■「動画配信サービス」おすすめ記事
Amazon動画配信はそのままテレビで見られない
YouTube Redの動画配信サービスとしての実力
プライム・ビデオは動画本数が少ない点に注意

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。