ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた

有史以来、常に人はダマし、そしてダマされてきました。詐欺の手口は時代の変化とともに進化しています。まだ対面方式が圧倒的に多かった詐欺の手口は、通信技術が進化するたびに新手が出現。新サービスの影には詐欺師が潜んでいることを忘れてはいけません。



スポンサーリンク
詐欺の手口は時代の変化とともに進化してきた

詐欺の手口は対面方式が多かった

かつての詐欺の手口は対面方式が圧倒的に多かったもの。「寸借詐欺」「籠抜け詐欺」など、詐欺師は被害者に自身の顔を晒して、すっかり信用させたのちに金をまんまと奪っています。「まさかダマすはずがない」という被害者の思い込みを逆手に取り、詐欺師は悪事を繰り返してきたのです。

時代は流れて郵便事業が始まれば、さっそく詐欺師たちは新たな詐欺の手口として利用するようになります。その1つが新聞の三行広告欄を使った詐欺でした。

「金銀財宝の在処を教えるからすぐに代金を送れ」などといった文言を掲載し、興味を持った読者が代金を送ってくると1枚の紙を送り返したのです。今か今かと返信を待ちわびた人がワクワクしながら、その紙を広げると、それは東京の地図で日本銀行に赤丸が付けられていました。

詐欺の手口が新サービスで流行

昭和の終わりくらいまでは「熱く肉体を密着させ、汗を飛び散らせている生写真を10枚1,000円で」などの広告を雑誌で見つけることができたものです。その文句に魅了され、代金を送ると忘れたころに写真が送られてきます。

震える指で封を開けると中からは、大相撲の熱戦を収めた写真10枚が出てきたといいます。確かに言葉にウソはないのですが、生々しい写真を期待していたところへ力士の大きな体が現れたら、誰でも騙されたと感じるでしょう。

このように郵便、電話、FAX、インターネットなどと、通信技術が進化するたびに、新サービスに対する知識不足と人の欲望を突いた詐欺の手口が流行るもの。便利なサービスの影には詐欺師が潜んでいることを忘れてはなりません。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「詐欺」おすすめ記事
詐欺事件の黒幕が被害者となるケースもある
ワンクリック詐欺で悪質なのは心理的圧迫の手口
ワンクリック詐欺は無視するのが何よりの対策
偽セキュリティソフト詐欺に遭わない防衛策とは

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事