ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールするのが自動車警ら隊。事件の捜査や指名手配犯の追跡、交通違反の取り締まりなど、その守備範囲が広いのが特徴です。しかし、そんな自動車警ら隊は駐車禁止違反が苦手だとか!? 見逃がしてしまう警察官が多いといいます。


スポンサーリンク
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

自動車警ら隊は駐車禁止違反が苦手

赤色灯昇降装置とフロントガラス・天井・リアガラスにコールサインが入っているのが警視庁の自ら隊黒白パトカーの特徴です。自動車警ら隊はパトロールを主な任務としています。

赤色灯昇降装置は、取調中などに追突されないように目印として上げるもの。ルーフにはヘリからも識別できるようコールサインが入っています。

そんな自動車警ら隊は、事件の捜査や指名手配犯の追跡なども行う一方、交通違反の取り締まりも実施。いわば何でも屋ともいえますが、彼らには駐車禁止違反の取り締まりが苦手だといいます。

駐車禁止違反は複雑で知識も必要

自動車警ら隊は青キップ1枚で1ポイントとか毎月のポイントで評価されるもの。案件によって点数は違っています。

しかし、駐車禁止違反は点数は高くないのに複雑で知識も必要。なので見逃がしてしまう警察官が多いのです。駐車監視員制度から、道路交通法上の駐車禁止区域を正しく覚えている警察官も減ったと考えられます。

知識がないため、駐車禁止違反は注意だけの警察官が増えているようです。とはいえ、駐車禁止違反は違反。交通ルールはしっかり守りましょう。


スポンサーリンク

駐車禁止違反が確定するタイミング

駐車禁止違反といえば、2人1組で取り締まりすることが多い駐車監視員です。違反車両を見つけると、1人がデジカメで証拠写真を撮影。もう1人が違反車両が止めてある住所や違反名などを端末に記録します。このとき、駐車禁止違反が確定するタイミングはいつなのでしょうか?

そこで、駐車監視員にこっそり密着して駐車禁止違反の確定タイミングを確認しました。駐車監視員はビルの前で駐車中のトラックを発見。さっそく確認作業を始めました。1人が巻き尺を使って違反状況を測り始めると、もう1人は携帯端末に情報を入力します。

しかし、しばらくすると運転手が登場。そそくさと中に乗り込んでトラックを移動させてしまいました。今度は交差点付近で停車中のトラックを発見。先ほどと同じ役割で取り締まりを始めましたが、同様に運転手が戻ってきてトラックを移動させてしまいました。

駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

駐車禁止違反は貼られたらアウト

その後、しばらく歩いた所でシルバーの軽ワゴンを発見。そのまま確認作業を始めました。心なしか先ほどよりも体の動きが俊敏です。テキパキと作業を終えた2人は、駐車禁止違反ステッカーの印刷の準備に入りました。ところが、軽ワゴンを背に何やら話し始めたその時、運転手が車内へ乗り込み、あっという間にクルマを移動させてしまったのです。

少し歩くと、今度はBMWを発見して確認作業。一連の作業を終え、ついに駐車禁止違反ステッカーの印刷作業に入ります。そして、ステッカーの出力が終わり、フロントガラスにそれが貼られました。最後の作業であるステッカーが貼られた状態の写真も撮影しました。

このように、駐車監視員による駐禁の取り締まりは、駐車禁止違反のステッカーを貼られたらアウト、貼られる前に戻ればセーフなのです。

■「駐車禁止」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐車禁止のステッカーは貼られても出頭しない
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事