ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ICカードの内側を溶剤で溶かして覗いてみた

ICチップが組み込まれたICカードはさまざまな種類が存在。試しに裏から強烈な光を当ててみると…非接触式ICカードなら、黒いチップやアンテナが透けて見えます。そこで、合成樹脂を溶剤で溶かし、非接触式ICカードの内側を覗いてみました。



スポンサーリンク
ICカードの内側を溶剤で溶かして覗いてみた

ICカードを溶剤で溶かしてみる

交通系ICカード「PASMO」は、溶剤に一晩漬けても原型を留めているほど強固なカードでした。透けて見えるノコギリのようなシルエットはコンデンサで、13.56MHzに同調させています。ちなみに、溶剤に溶かした状態でもデータは、ICカードリーダー「PaSoRi」で読み取れました。

2009年からICカード化されている運転免許証。透かしてみると、ICチップ1個だけに見えます。しかし、実際に分解すると、ICチップに接続された細い銅線がループアンテナになっていました。

期限切れの免許証はパンチングされるが、じつは四隅でアンテナ線を狙い撃ちしているのです。「PASMO」などと異なりコンデンサがないのは、小さな電力でもICが起動するためでしょうか。

ICカードにFeliCaチップを搭載

Edy機能の付いた某カラオケチェーンの会員ICカード。Edyは楽天が提供するプリペイド式電子マネーですが、PASMOと同じでソニー開発のFeliCaチップを搭載しています。溶けずに収縮する素材のICカードだったため、溶剤で溶かすと原型を留めていません。

非接触式ではありませんが、接触式のETCカードも調査。ETC車載器に守られるためカードが薄いのか、1時間もかからずICチップ部を除いてすべて溶解してしまいました。

すると、電極の裏側に隠れているICモジュール(CPUとメモリ類)が出現。キャッシュカードの場合はこれに、磁気ストライプが追加される仕様です。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「ICカード」おすすめ記事
ICカードの情報は半径2m以内なら読み取れる
セキュリティ第一人者が語るICカード犯罪事情

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事