ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AndroidスマホのOSアップデートの問題点とは

Androidスマホの場合、OSのアップデートの時期がメーカーごと、機種ごとに異なることをご存じですか? このアップデート時期にタイムラグがあることが、Androidスマホの弱点。なぜなら古いOSほどセキュリティホールなどの情報が広まるからです。Androidスマホの問題点を見ていきます。



スポンサーリンク
AndroidスマホのOSアップデートの問題点とは

Androidスマホはタイムラグが生じる

一般にAndroidという場合、搭載されているOSはどのメーカーの機種も同じだと思っているユーザーが多いはず。この認識は半分は合っていますが、半分は間違いです。

単一のハードウェアとOSを組み合わせたiPhoneとは異なり、製造メーカーは様々なAndroidスマホを製造しています。使用しているOSのコアは同じでも、全体的に見れば実は別物とも言えるのがAndroidスマホなのです。

そのため、Androidスマホでは、Googleから提供されるアップデータをそのまま適用することができません。各機種に合った形に改変する必要があり、その結果、Google側とメーカー側のアップデート時期にタイムラグが生じるのです。

Androidスマホのセキュリティ対策

このことは、ユーザーが古いバージョンのOSでAndroidスマホを使用せざるをえないことを意味します。古いOSほどハッキングに悪用される脆弱性が多く、セキュリティホールなどの情報が広く行き渡ってしまうのはパソコンと同じです。

こうしたAndroidスマホの問題点は、短期間で解消される性質のものではありません。しかもユーザー規模は今後も拡大し続ける一方です。

このため、Androidスマホの供給側が取れるセキュリティ対策の有効性が、格段に向上することは考えにくいのが実情。大半のセキュリティベンダーのレポートが警告しているように、今後ますますAndroidスマホの脅威は増大し続けると考えた方がよいでしょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「Android」おすすめ記事
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
iPhoneのセキュリティがAndroidより高い理由
Androidのセキュリティばかりが狙われる理由

■「スマホ」おすすめ記事
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
スマホ乗っ取りアプリはリモートロックで検索
スマホのロック画面はショルダーハックで解除
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事