ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Google翻訳アプリはカメラ撮影してなぞるだけ

カメラで撮影するだけで日本語に翻訳できるのが「Google翻訳アプリ」。原文を入力することなく翻訳してくれる手軽さは驚きの一言です。さらにGoogle翻訳アプリには、音声入力によるリアルタイム翻訳まで搭載。言葉が通じない人同士でもコミュニケーションが取れるのです。


スポンサーリンク
Google翻訳アプリはカメラ撮影してなぞるだけ

Google翻訳アプリは画像をなぞる

数ある翻訳アプリの中でも、最も性能が高いのがGoogle翻訳アプリです。「英語→日本語」や「日本語→英語」はもちろん、103にものぼる言語の文章を相互翻訳できます。

Google翻訳アプリが優れているのは、カメラで撮影した外国語の書類を即座に日本語化できるところ。一般的な翻訳アプリでは自分でその文章を入力しなければなりません。

しかし、本アプリならカメラで撮影して、画像にある翻訳したい場所をなぞるだけで翻訳してくれます。そこで、実際にGoogle翻訳アプリを使って翻訳する手順を見ていきましょう。

Google翻訳アプリの会話モード

Google翻訳を起動したら言語を選択。カメラアイコンをタップして、スマホのカメラを起動。翻訳したい文章を撮影します。多少画像が歪んでも感度よく文字を認識してくれるので安心です。

文字を認識したら翻訳したい部分を指でなぞります。すると、なぞった部分の言語がまず認識され、それに応じた翻訳文が画面上に表示されるというわけです。外国製品の取扱説明書などに重宝するでしょう。

Google翻訳アプリは会話モードも搭載しています。これはマイク入力した音声をそのままリアルタイムで翻訳してくれる機能。翻訳した文章は、アプリがそのまま発音してくれるという手の込みようです。

■「Google翻訳アプリ」おすすめ記事
Google翻訳アプリはカメラ撮影だけで日本語変換

■「Google」おすすめ記事
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの裏技!検索演算子の応用テクニック
グーグル検索テクニックでネットを便利に活用
手帳アプリはジョルテのGoogleカレンダー連携
音楽配信ならGoogleとAWAの2つがベストチョイス
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる
Googleアカウントとは?素朴な疑問を解決する
Googleの音声検索なら「Google Nowランチャー」
ライフベアでGoogleカレンダーを使いやすくする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事