ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TVerアプリは低画質モードでも十分に楽しめる

在京民放5社にて、独自に運営されていた「見逃しサービス」を集約したサービスのアプリ版が「TVerアプリ」。現在放送中のドラマやバラエティなど約80番組を、放送終了後から次回放送まで(基本的には1週間)無料で視聴できます。TVerアプリの知って得する使い方を紹介しましょう。


スポンサーリンク
TVerアプリは低画質モードでも十分に楽しめる

TVerアプリはCM後に本編が再生

これまで見逃した番組は、動画まとめサイトで見つけた低画質の動画で我慢していましたが、「TVer」なら高画質での視聴が可能。リスト登録した番組やタレントの出演番組をプッシュ通知してくれたり、分かりやすい操作性も好評です。

TVerアプリはCMを視聴した後、本編が再生される仕組み。出演者名・放送日・ジャンル・テレビ局から、番組は検索できます。毎週欠かさず見たい番組は、マイリスト登録しておくと便利でしょう。

TVerアプリによる視聴は、電波状況によって画質を「自動」か「低画質」に切り替えられたり、10秒の巻き戻し・早送りボタンがあって便利。マイリスト登録も簡単にできます。

TVerアプリの視聴は低画質で十分

TVerアプリの画質はスマホの画面サイズなら、低画質でもストレスを感じず十分に視聴できるレベルです。Wi-Fiに接続できない環境なら、安定する低画質モードを選択しましょう。

Tverアプリで見られる番組は在京キー局に加え、大阪のMBSとABCも加わり、全7局の番組を視聴できるようになりました。大人の事情によりアップされない番組もあるとはいえ、話題のバラエティやドラマの多くが放送直後から楽しめます。

なお、フジテレビを視聴するには、別途専用アプリの導入が必要です。フジテレビの番組のみ、TVerではなく、FODアプリで再生されます。インストールして連携させておきましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事