ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自動車事故では助手席が一番リスクが高かった

5人乗り乗用車の運転席、助手席、後方右、後方中、後方左に乗車した場合、一般的に自動車事故では「後方右」席が最も安全だといわれます。とはいえ、窓側は横からの衝撃が危険なのでケースバイケースです。自動車事故で、最もリスクが高い座席はどこになのでしょう。



スポンサーリンク
自動車事故では助手席が一番リスクが高かった

自動車事故では助手席が一番リスク

日本交通事故鑑識研究所の大慈彌拓也氏に聞いてみました。「日本の道路は左側走行なので、右折時に事故が多く発生します。右折時に対向車と衝突すると、車体の左側に大きな損傷を受ける」のです。

すなわち、日本の道路で起こりやすい右折時の事故では、車の左側席が犠牲になりやすいというわけ。このため「助手席と後方左側の席はかなり危険といえる」とのこと。自動車事故では助手席が一番リスクが高くなります。

「個々のケースで安全な席は異なりますが、この場合、運転手の後ろ側、つまり後方右席が最も安全です」とのこと。ある調査では自動車の後部座席は運転席・助手席より59~86%危険度が低いともいわれています。

自動車事故で後部座席から外へ放出

しかし、大慈彌氏は後部座席でもシートベルト非着用はとても危険だと警鐘を鳴らします。これは車両の前方で自動車事故が起こると衝撃で後部座席が振られるため。シートベルトをしていないと外へ放出されることもあります。

なお、自動車事故で突入する際のスピードが80km/hを超えると乗車員はほぼ全員死亡するとか。「生死の分かれ目は時速80kmです。シートベルトをしている時に限りますが、50~60kmだと半分くらいが生き残ることがあります」とのことです。

また、最近では乗用車の後部座席にも3点式のシートベルトが導入されてきていますが「2点式のものだと内臓が圧迫されて致命傷となってしまうこともあります」とのこと。後部座席のシートベルト着用義務化後、減ってきている死亡事故。制限速度にも注意して安全運転を心がけたいところです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事