ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた

お掃除ロボット・ルンバをマネた「マルゲッター」。回転しながら部屋を動き回り、床を拭き掃除してくれるお掃除ロボットです。ホコリを逃さないという宣伝文句ですが、どうしてそんなことができるのでしょう? そんな疑問を解決すべく、マルゲッターを実際に購入してみました。



スポンサーリンク
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた

モップがけする自走式お掃除ロボット

マルゲッターは床をモップがけする自走式お掃除ロボット。今回は5,990円で購入しました。セット内容はお掃除ロボットのマルゲッター本体に、マイクロファイバーモップX3枚、充電用アダプターです。

電源はニッケル水素バッテリー(DC3.6V1,000mah)で連続使用時間は1時間。本体サイズは238Φ×78.5Hmmで、重さは500gです。

実際にお掃除ロボットの裏面を見てみると、底面の中央に配置された車軸は、7秒間は右→19秒間は左の回転を繰り返します。車軸を回転させながら車輪を駆動して直進する仕組み。なお、回転方向が切り替わる際にマルゲッターの向きが変わり、意志を持ったように動くのです。

お掃除ロボットというよりペットロボ

“マイクロファイバー繊維”の丸型モップはお掃除ロボットの底面に貼り付けます。回転しながら進むことで拭き掃除をするわけです。ただし、ゴミを吸引する機能はないので、お菓子の食べかすなど、大きなゴミを拾い集めることはできません。

実際にお掃除ロボットを稼動させてみましょう。気になっていた家具に挟まったケースでも、回転を左右に切り替えることで、小刻みに動いて脱出に成功しました。

ただし、マルゲッターはゴミを吸引する能力はありません。本体底面に貼り付けた“マイクロファイバーモップ”で、ホコリや髪の毛を絡め取るのが精一杯。お掃除ロボットというよりも、その動きを楽しむペットロボです。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「お掃除ロボット」おすすめ記事
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた

■「掃除」おすすめ記事
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事