ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カセットテープ懐かしのCMも見られるTDK歴史館

30代以上の人なら、レコードやラジオ番組を録音するために使っていたのがカセットテープ。そのトップメーカー、TDKの歩みと電子パーツの技術を展示しているのが「TDK歴史館」です。カセットテープ懐かしのCMも見られるTDK歴史館の見どころを詳しく紹介していきます。



スポンサーリンク
カセットテープ懐かしのCMも見られるTDK歴史館

発売順に並べられたカセットテープ

TDK歴史館があるのは秋田県にかほ市。館内は電子パーツの進化や製品内で使われている場所、製造工程など、実機を使った綿密な解説があります。

見どころは、歴代の記録メディアの展示。磁気テープ技術によるカセットテープやビデオテープなど、懐かしい製品が壁面に並びます。

なかでも注目は、実物のカセットテープが敷き詰められた展示物。発売順に並べられたカセットテープはもちろん、1970年代からの懐かしいCMが見られます。

世界初の音楽用カセットテープも展示

1969年に発売された、世界初の音楽用カセットテープ「SD C-60」も展示されています。ラインアップは30/60/90分です。1972年発売「D C-90」の赤いストライプパッケージは、TDKカセットのシンボルになりました。

究極のカセットテープとして1979年に発売された、メタルテープ「MA-R C60」も展示。テープにメタル磁性体を使い、高音質での録音を約束してくれた逸品です。このほかMA-Rのデモテープ「MA-R90」(1981年)や「MA-R46」(1983年)も展示されています。

このメタルテープは、カセットテープ自体もデッキの1部分であるとの発想で、金属フレームを採用。重量感は2倍以上になり、この質感がメタルテープの証しです。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「カセットテープ」おすすめ記事
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」

■「歴史館」おすすめ記事
パナソニックのラジオの歴史…松下幸之助歴史館
松下幸之助歴史館で懐かしい家電に思いを馳せる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事