ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

データ復元ソフトはPCが起動しない事態も復旧

データ復元ソフトは、誤って消してしまった大事なデータを復元してくれる心強いアイテム。メールやOfficeファイルなどのデータも復元してくれます。さらには、PCが起動しない事態にもデータ復元ソフトは対応。USBメモリから起動することで初期画面に戻れるのです。



スポンサーリンク
データ復元ソフトはPCが起動しない事態も復旧

データ復元ソフトで復元する手順

現代人にとってPCトラブルは避けては通れません。念のために備えておきたいのが、データ復元ソフト「完全データ復元PRO15」です。実勢価格は10,800円となっています。

データが消えてしまったら、データ復元ソフトで対象のメディア、場所、データ損失の状況を選択してスキャン。ファイルが見つかったら、新たに保存し直せばOKです。USBやSDカードなど外部メディアのデータもサルベージ可能です。

実際に、大事なデータが消えてしまったときのデータ復元の手順を見ておきましょう。たとえば操作ミスで重要な画像が消えても諦める必要はありません。まずはデータ復元ソフトを起動します。

データ復元ソフトでUSBから起動

復元するメディアを選択したら、次にボリュームを指定。損失状況を選択したらスキャンします。するとファイルがリストアップされるので、目的のファイルを選択して「保存」すればサルベージ成功です。

また、Windowsが起動できない事態でもデータ復元ソフトは対応してくれます。PCが起動せず、CDドライブも不調な時でもUSBでブート起動すれば問題ありません。別のPCを起動して、データ復元ソフトのファイルをUSBへコピーします。

そのUSBを起動したいPCに挿し込んだらBIOS設定画面を起動。「Hard Disk Boot Priority」画面などで、USBのブート優先順位を再上位に設定します。再起動してUSBブートを実行すれば、正常な初期画面に戻るのです。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「復元ソフト」おすすめ記事
復元ソフトならシンプル操作で削除データが復活

■「復元」おすすめ記事
iPhoneバックアップ用データをなんでも復元!
iPhoneバックアップを復元でなく覗き見に使う
SDカードを復元するなら「CardRecovery」
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
iPhoneの写真を復元!バックアップデータを活用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事