ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え

ハイブリッド車として人気のトヨタ・プリウス。このクルマはモーターで駆動しているので、停車時にはエンジンが停止した状態になっています。そのため、エンジンの調子をチェックするには、隠しコマンドで整備モードに切り替える必要があるのです。



スポンサーリンク
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え

隠しコマンドで整備モードに切り替え

ディーラーや整備工場のエンジニアが利用している、整備モードへの切り替える隠しコマンドを紹介しましょう。今回、整備モードの隠しコマンドを検証した車両はトヨタ・プリウス30系です。

まずブレーキボタンを踏まず、パワーボタンを2回押します。次に、シフトポジションが「P」の状態で、アクセルを2回踏み込んでください。

シフトポジションを「N」にして左足でブレーキを踏んだまま、アクセルを2回踏み込みます。最後にパーキングスイッチを押して、アクセルを2回踏み込んだら隠しコマンドは終了です。

隠しコマンドでメーターに表示が出る

隠しコマンドのあとに、メーターパネル部分に「MAINTENANCE MODE」と表示されれば成功。これで整備モードに入りました。

この「MAINTENANCE MODE」でできることは、エンジン回転数の測定と排気ガスの測定、マフラーの音量測定、スタック時の強制エンジン起動です。なお、整備モードに入ると、「ECO MODE」「EV MODE」への切り替えが制限されます。

ただし、この隠しコマンドによる整備モードは、あくまで整備工場などで使用するためのものです。不具合などが発生しても保証できません。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「プリウス」おすすめ記事
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口

■「隠しコマンド」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
Nexus7の使い方が10倍便利になる裏ワザとは?
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事