ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3万円で落札した中華バギーのエンジンを総点検

ヤフオク!で検索したところ、群馬県より20,000円で出品されていた中華バギーを発見。30,000円で見事に落札しました。この中華バギーは、4年間放置されており、電源系統が完全に死んでいる状態。いろいろ損傷・劣化しているのは間違いなさそうです。エンジンを総点検してみました。



スポンサーリンク
3万円で落札した中華バギーのエンジンを総点検

中華バギーのエンジン点検5項目

入手した中華バギーは「DH-ATV102 49CC」。前の持ち主がエンジンを乗せ換えましたが、そこで作業はストップ。4年間放置され、サビとホコリまみれとなっています。サイズは180W×123H×94Dcmです。

中華バギーの総点検では、エンジンをかける前にしておく5項目があります。これを事前に行わないと、エンジンがかからない可能性があるので、絶対にチェックしましょう。

まずは「キャブレター」を点検。キャブレターは、電気を利用せずに燃料を空気と混合する装置です。ガソリンの混合物のカスが溜まっている可能性があります。

中華バギーのエンジンチェック

中華バギーのエンジンで次にチェックするのは「ワイヤーハーネス」。バギーの電気系統に電源を供給する電線束になります。今回は意味不明な接続をしているため総取り替えは必須です。

続いて「スターターリレー」をチェックします。スターターリレーはスターターモーターを回転させるスイッチ。セルが回らない可能性があり交換せざるをえませんでした。

そして「点火プラグ」も点検します。点火プラグは空気とガソリンの混合気を点火させる装置。プラグが劣化していれば交換しなければなりません。

そして最後は「点火チェック」です。ガソリンをタンクに入れてエンジンをかけてみます。ガソリンは500ccもあればOKです。なお、落札した中華バギーは4年間も放置されていたため、まったく動きませんでした。

■「中華バギー」おすすめ記事
水陸両用バギーが全国の消防に導入されている
四輪バギーがアツい!安価な中華バギーが楽しい
中華バギーで注意したい落札基準と配送コスト

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事