ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DMM.makeならプロ用機材でモノ作りが堪能できる

東京・秋葉原に2014年11月にオープンした「DMM.make AKIBA」。モノ作りの拠点として、試作品はもちろん製品作りから販売までカバーする話題のスポットです。モノを作るだけでなく、オフィスを構えたり人とつながることもできる、DMM.makeの設備から活用方法までを紹介しましょう。



スポンサーリンク
DMM.makeならプロ用機材でモノ作りが堪能できる

DMM.makeの利用プランいろいろ

東京・秋葉原にオープンしたクリエイター達が集まるモノ作りの拠点「DMM.make AKIBA」。手軽な工作をしてみたい初心者から何かアイデアがあってカタチにしたい人やさらにはビジネスにしたい人まで、さまざまなニーズに応える場所として機能しています。

DMM.makeのフロアは機械や工具が揃い、実質的に作業をするスペースの「Studio」、シェアオフィスやレンタルオフィスにバーなどが備えられモノ作りの拠点になる「Base」、製作から流通まで何でも相談できる「Hub」と、機能ごとに3パートに分かれています。

DMM.makeの利用プランは「Studio」は初期費用30,000円、月額15,000円から。「Base」は初期費用40,000円、月額20,000円からです。5,000円で1日12時間のみの利用などのいろいろなプランがあります。

DMM.makeは総額5億円の機材

DMM.makeの「Studio」では、町工場並の旋盤や金属加工ができる機械や2,000万円もする5軸CNC機などを設置。中には習熟しないと使えないハイレベルのものも…。総額5億円の機材が揃っています。

また、シールドルームや静電気測定などができる測定機器も充実し、作った製品の技適を取得する前段階で検査することも可能。モノ作りの全工程が1つの場所でできるのは効率的です。

アキバ発の家電メーカー「UPQ」やIoT製品メーカーなど、DMM.makeから生まれた製品も芽を出し始めており、ますます目が離せなくなっています。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「DMM.make」おすすめ記事
DMM.makeはモノ作りの全工程がここだけで完結
DMM.makeの3Dプリントでフィギュアをネット注文
DMM.makeの3Dプリントのネット注文お得ワザ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事