ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する

BDレコーダーに多いトラブルが光学ドライブが劣化して読み書きできなくなること。修理対応が終了している場合、自力で交換修理するしかありません。とはいえ、インターネットの普及により、各種家電の自力修理が容易になりました。BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する方法を紹介します。


スポンサーリンク
BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する

BDレコーダーのドライブを交換

BDレコーダーでよくあるのが、光学ドライブが劣化して読み書きできなくなるというトラブル。そこで、2007年発売のソニーのBDレコーダー「BDZX90」を例に、BDドライブの交換までの流れを解説しましょう。

本体の分解手順は「BDZX90修理」で検索するとすぐ見つかります。続いて、交換用のソニー専用BDドライブ「BRD-100」の入手。動作確認済みの中古品がヤフオク!にて複数出品されており、5,000円程度で入手可能です。

「BRD-100」の末尾に「A*」と表記されているものもありますが、ベゼルのデザインが若干異なるだけで基本仕様は同じ。2007年のBDZシリーズ全モデルで、互換性があります。内蔵HDDが不良になった本体も数多く出品されており、そちらの方がより安く落札できるでしょう。

BDレコーダーの録画に影響なし

中古だけにBDレコーダーのドライブが正常に動くかは博打なので、可能なら複数台入手しておきたいところ。完動品を確保できる確率が上がるのはもちろん、流通量が多い今のうちに入手しておけば、将来、再修理が可能になります。

作業の順番は、本体を分解し内蔵HDDを取り外してから、BDドライブの交換です。外したネジ類は場所ごとに分類し、デジカメでこまめに写真を撮っておくとスムーズでしょう。

不具合がBDドライブに起因している場合は、これだけで復活する可能性大です。なお、組み直した後にHDDのフォーマットや初期化は必要ないので、この作業自体ではBDレコーダーの録画番組に影響はありません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事