ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円で買える3カメラドライブレコーダーの性能

後を絶たない悪質なあおり運転対策に有効なのが、前方と後方、車内をカバーする3カメラを搭載したドライブレコーダーです。GPSにより位置情報や速度も記録可能なモデルなら、場所・時刻・速度などを映像とともに確認できるので、いざという時の証拠にもなります。1万円で買える3カメラドライブレコーダーを紹介しましょう。


1万円で買える3カメラドライブレコーダーの性能

3カメラドライブレコーダーが1万円

この「3カメラドライブレコーダー」は1万円以下なのに3台のカメラを備え、前方・後方・車内をカバーしつつ、さらにGPSにより位置情報や速度も記録可能です。

前方&車内カメラは水平170度の広角な映像を捕らえられ、車内とリアカメラは赤外線LEDによる暗視撮影もOK。3.16インチのディスプレイは、バックモニターとしても重宝します。

ディスプレイは「3分割・前方・車内・後方」4つの表示パターンから選択可能。リアカメラに設定すれば後方の映像も表示でき、バックモニターのように使うこともできます。

3カメラドライブレコーダーの解像度

3カメラドライブレコーダーの映像はフルHD画質で、4m先の車両のナンバーも記録できました。170度の広角カメラは歩道までカバー。リアカメラの映像は480pでやや粗いものの、後続車のナンバーも一応は読み取れています。

夜間はライトによる白飛びがやや気になりますが、映像は鮮明。赤外線LEDにより車内の様子もしっかり記録できました。ただ、リアカメラはやはり映像が粗く、角度によりナンバーの判別は厳しい場面もあります。

解像度は1920×1080ドット(前方&車内)、640×480ドット(後方)で、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。記録形式はMOV(前方&車内)、AVI(後方)となります。サイズ/重さは130W×35H×35Dmm/45g。実勢価格は9,980円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事