ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

四国フリーきっぷを使えば余裕で四国制覇できる

JR四国エリアは余裕を持って完全乗車をクリアできます。使うキップは「四国フリーきっぷ」です。さっそく四国フリーきっぷを使ったJR四国の乗りつぶしプランを見ていきます。連続3日間有効の四国フリーきっぷを1日分余らせて達成できるので、観光などを組み合わせるとよいでしょう。



スポンサーリンク
四国フリーきっぷを使えば余裕で四国制覇できる

四国フリーきっぷで乗りつぶし

四国フリーきっぷはJR四国全線のほか、JR四国の路線バスも利用できます。対象となるのは、大栃線と久万高原線。発売価格は連続3日間有効で16,140円です。

四国フリーきっぷは、青春18きっぷでは乗車できない特急も乗ることができます。また、青春18きっぷでは厄介な土佐くろしお鉄道窪川駅~若井駅間も乗ることができるあたり、かなりお得です。

さて、そんな四国フリーきっぷを使ったJR四国の乗りつぶしプランを紹介しましょう。スタートは瀬戸大橋本州側の端、児島駅から特急「しおかぜ」です。もちろん岡山から別途乗車券と特急券を購入して、直通で利用しても構いません。

四国フリーきっぷは1日分余る

そのまま一気に松山まで抜けて、内子線と海側の予讃線をぐるりとパスし、そのまま宇和島、そして予土線経由で高知まで。特急の本数の多さや乗り継ぎのよさもあって、1日でここまで行くことができます。

さらに2日目は、四国東部を1周。土讃線、高徳線、牟岐線、徳島線です。途中で鳴門線も忘れずに。これでJR四国全線完乗。四国フリーきっぷを1日分を余らせての達成です。

これだけ余裕があるので、実際には観光などを組み合わせつつ、四国乗りつぶしを目指してはいかがでしょうか? この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「フリーきっぷ」おすすめ記事
青空フリーパスはとにかく広いフリーエリア
北海道フリーパスなら特急列車全制覇も達成可能
北海道フリーパスでJR北海道を完全乗車する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。