ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コカ・コーラの自販機はアプリで買うのがおトク

当たり付き自動販売機の当選確率は0~2%。これは景品表示法により、売上予定総額の2%と上限が定められているためです。単純に計算すると50本に1本の確率で当たるということになります。しかし、acureなら30本に1本、コカ・コーラ自販機ならアプリ購入15本で1本もらえるのです。



スポンサーリンク
コカ・コーラの自販機はアプリで買うのがおトク

コカ・コーラ自販機はアプリで購入

Suica対応acureのポイントは貯蓄型。対象の飲み物がキャンペーンごとに決まっていますが、1本買うと1ポイント貯まり30ポイントで1本もらえます。また、「acure」メンバーズに入会(無料)すると、オリジナルグッズの抽選に応募できるなど、ジュース以外の商品を入手できるチャンスがあります。

また、2016年4月から日本コカ・コーラが「Coke ON」、ダイドードリンコが「Smile STAND」と、スマホアプリ連動型の自販機を導入しました。Bluetooth機能で自販機に接続し、アプリを介して飲料を購入すると、ポイントが貯められるというシステムです。

Coke ONの使い方は、まずアプリで商品を選択。自販機にかざすと同一の商品が出てきて、スタンプが1個貯まります。対応自販機はアプリで検索可能。2016年末までに、全国14万台の設置を目指しています。

コカ・コーラ自販機は15本で1本

1本購入でスタンプが1個貯まり、15個でドリンク1本に交換可能です。acureの30本でで1本もらえる仕組みと比べると、コカ・コーラは半分の15本で1本もらえるという計算になります。

SmileSTANDは、購入した金額がそのままポイントとなります。1円=1ポイントで、貯めたポイントに応じてスロットくじに挑戦が可能。商品応募のくじは600ポイントからになります。

賞品内容例としては、600ptならスパ&プールと季節の料理コース、1,200ptなら米沢牛サーロインステーキ、2,000ptならパラグライダー体験です。さらに3,500ptならBALUMUDAトースター、5,000ptなら豪華クルージングとなっています。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

■「自販機」おすすめ記事
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

■「コーラ」おすすめ記事
駄菓子のコーラドリンクの当たりはロゴを調べる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事