ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

セブンが設置するコンビニ自販機は何が買える?

コンビニは、もはやインフラといっても過言ではないくらいに生活に浸透しています。そんな中、新たな業態としてファミマとセブンイレブンは自販機に力を入れています。セブン&アイ・ホールディングスでは、2018年度中に500台の設置を目指しているとのこと。セブン自販機では何が買えるのでしょうか。


スポンサーリンク
セブンが設置するコンビニ自販機は何が買える?

ファミマを猛追するセブン自販機

セブンイレブンの商品を手軽に購入できる自動販売機「セブン自販機」が、2017年から始動しました。おにぎりやパンなど、計73アイテムをわずか0.5坪の敷地で販売できるため、オフィスや病院などの省スペースで展開できます。

コンビニ自販機では、ファミマが一歩リードしています。現在、1,500社以上に導入され、オフィスや高速PA、工場内に設置。台数は既に2,000台以上といわれています。また、複数台を連結して設置することでドリンクからフード類までカバーするなど、存在感が増してきています。

そして現在、ファミマを猛追しているのがセブン自販機というわけです。セブンイレブンのコンビニ自販機で何が買えるのかを実際に試してきました。

セブン自販機では8種類のおにぎり

都営地下鉄三田線・巣鴨駅構内に設置してあるセブン自販機では、8種類のおにぎりを販売していました。販売期限が切れると、商品ごとに販売を自動でストップするハイテク仕様です。

おにぎりの他にパン類・お菓子はもちろん、飲むヨーグルト・エナジー飲料・フルーツジュースと、一瞬で栄養を採れる商品が多いのもうれしいところ。まさに、サラリーマンの味方といえます。

セブン自販機はお金を入れて商品番号を押すと、商品が押し出される仕組み。現在は現金のみの対応ですが、今後は電子マネーも対応していく予定とのことです。セブン自販機はより“コンビニ”に進化していくといえそうです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事