ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捨てアド(捨てメアド)のGmailとYahoo!メールでの作り方

最近はインターネット上で何をするにも、メールアドレスとパスワードによる登録が必須。とはいえ、いつも使っているアドレスを、いかがわしいサイトに登録したくないというのは誰でも同じでしょう。そこで活用したいのが捨てメールアドレス、いわゆる「捨てアド(捨てメアド)」です。捨てアドのGmailとYahoo!メールでの作り方を紹介しましょう。


捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法

捨てアドの作り方にGmailエイリアス

メールアカウントをいくつも発行できる「捨てアド(捨てメアド)」サービスは、気軽に捨てられるメールアドレスが作成できて便利です。とはいえ、いちいち捨てアドサービスを使って専用の捨てメールアドレスを作るのは意外に手間がかかります。

そこで捨てアドの作り方として利用したいのが、Gmailのエイリアス機能とYahoo!メールのセーフティアドレス機能です。

Gmailは既存のアドレスを使ったサブアドレスを捨てアドとして簡単にいくつでも作れます。捨てアドとはいえ同じアカウントとして受信できるので、受信するメールアドレスをいちいち切り替える必要もありません。

具体的に、捨てアドのGmailエイリアス機能による作り方は「@」以前の文字列の後ろに「+」(プラス記号)で任意の文字列を加えるか、文字列中の任意の場所に「.」(ドット)を加えるだけです。

捨てアドの作り方はGmailの設定から

Gmailのエイリアス機能による捨てアドの作り方は「設定」から「アカウントとインポート」を選択。「他のメールアドレスを追加」からアドレスを指定します。別ウィンドウが開くので、そこに送信者名と捨てアドとして追加したいサブアドレスを入力。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックして追加します。

Yahoo!メールも同様に、捨てアドに使える「セーフティアドレス」という機能があります。任意の「ベースネーム」を指定できるので、Yahoo!メールの捨てアドでも元のアドレスがバレれないのが特徴。Yahoo!メールの捨てアドの作り方は「設定・利用規約」から「メール設定」を開きます。

ここで「セーフティアドレス」を開いて捨てアドにしたい「ベースネーム」と「キーワード」を設定。「キーワード」の異なるアドレスを捨てアドとして最大10個まで作成可能です。サブアドレスによる送信も可能で、捨てアドとして使い勝手がいいのが魅力です。


捨てアドの作り方でGmailを使わない

Gmailのエイリアス機能による捨てアドの作り方などを使わずに、使い捨てメールアドレスを手に入れるなら「捨てアド」サービスを利用するのも手。捨てアドサービスとは、簡単にアドレスが作成できて、一定期間メールを受信できるサービスです。

そんな捨てアドサービスを利用するなら「ワンタイムメール」が簡単。ワンタイムメールでの捨てアドの作り方はワンクリックでOKです。捨てアドで受信したメールはサイト上で確認可能。捨てアドの受信だけでなく送信や返信もできます。

ワンタイムメールの捨てアドの作り方は、サイト上で「今すぐ利用する」をクリックするだけ。これで1週間有効の捨てアドを発行してくれる仕組みです。捨てアドが作成されたら、そのメールアドレスをコピーして使い捨て用に使うだけです。

捨てアドサービスを利用するのも手

捨てアドの作り方で発行したアドレス

実際に、ワンタイムメールの捨てアドの作り方で発行したアドレスを使って海外の動画共有サイト「Dailymotion」に登録してみました。すると、捨てアドでも何の問題もなく認可されたのです。

このほか、捨てアドを使って会員登録しなくても、動画共有サイトを利用する方法があります。それが「共有アカウント」です。共有アカウントを使えば、動画共有サイトへ捨てアドなどで登録せずともログインが可能になります。

「BugMeNot」は、会員制サイトのアカウントを共有しているサービスです。URLを入力すると、共有アカウントが表示されるというシンプルな設計になっています。共有アカウントが見つかれば、捨てアドで会員登録することなく共有アカウントでログインできるというわけです。


捨てアドで広告が少ないサービス

捨てアドで余計な広告がなく、使いやすいサービスが「Sute.jp」です。サイトにアクセスすると「半角英数字@sute.jp」の捨てアドを自動で指定されます。捨てアドの有効時間は24時間。捨てアドの受信は5Mバイトまでです。

実際に捨てアドを使ってサイトに登録する流れを見てみましょう。Sute.jpにアクセスして「メールアドレスを作成する」をクリックします。すぐに捨てアドが作成されるので、メールアドレスをコピーしましょう。

あとは作成した捨てアドを使ってサイトで会員登録すればOKです。実際に捨てアドで会員専用ページにアクセスできました。Sute.jpは捨てアドといえども受信機能もあるので、受信メールから仮登録の必要なサイトにも対応できます。

捨てメアドのアプリの利用は無料

メールアカウントをいくつも発行できる捨てアドサービスはたくさんありますが、その多くは一定期間メールを受信できる利用期限ありのものがほとんどです。そこでオススメの捨てアドサービスが「メルアドぽいぽい」になります。

「メルアドぽいぽい」は捨てアドなのに利用期限がなく、長期間利用できるので便利です。捨てアドの作り方がワンクリックで簡単な上に長く使える、最新サービスになります。

捨てアドの作り方として、スマホアプリを利用する方法もあります。捨てアドのアプリによる作り方には「メルアドぽいぽい」のアプリ版「捨てメアド」を利用するのです。スマホからも捨てアドが入手できます。捨てメアドはiPhone版、Android版とも無料で利用できます。

捨てアドがスマホでも作成できる

  Download on the App Store

■「捨てアド」おすすめ記事
捨てアドを使ってアカウントを量産する方法
捨てアド代わりにGmailのエイリアスを活用する
ワンタイムメールで捨てアドを作って安全に登録

■「Google」おすすめ記事
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる
Googleのハングアウトはスパイツールに使える
探偵が素行調査に使うGoogleの検索テクニック
Gmailのアドレス追加が無限にできるエイリアス

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事