ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法

最近はインターネット上で何をするにも、メールアドレスとパスワードによる登録が必須。とはいえ、いつも使っているアドレスを、いかがわしいサイトに登録したくないというのは誰でも同じでしょう。そこで活用したいのが、いわゆる「捨てアド」。捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法

捨てアドにGmailのエイリアス機能

メールアカウントをいくつも発行できる「捨てアド」サービスは、気軽にアドレスが作成できて便利です。とはいえ、いちいち捨てアドサービスを使って専用のメアドを作るのは意外に手間がかかります。

そこで捨てアドとして利用したいのが、Gmailのエイリアス機能とYahoo!メールのセーフティアドレス機能です。

Gmailは既存のアドレスを使ったサブアドレスを簡単にいくつでも作れます。同じアカウントとして受信できるので、いちいち切り替える必要もありません。具体的には「@」以前の文字列の後ろに「+」(プラス記号)で任意の文字列を加えるか、文字列中の任意の場所に「.」(ドット)を加えるだけです。

捨てアドをYahoo!メールで設定する

Gmailのエイリアス機能は「設定」から「アカウントとインポート」を選択。「他のメールアドレスを追加」からアドレスを指定します。別ウィンドウが開くので、そこに送信者名と追加したいサブアドレスを入力。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックして追加します。

Yahoo!メールも同様に「セーフティアドレス」という機能があります。任意の「ベースネーム」を指定できるので、元のアドレスがバレれないのが特徴。設定方法は「設定・利用規約」から「メール設定」を開きます。

ここで「セーフティアドレス」を開いて「ベースネーム」と「キーワード」を設定。「キーワード」の異なるアドレスを最大10個まで作成可能です。サブアドレスによる送信も可能で、使い勝手がいいのが魅力です。


スポンサーリンク

捨てアドサービスを利用するのも手

捨てアドにGmailなどを使わずに「捨てアド」サービスを利用するのも手。捨てアドサービスとは、簡単にアドレスが作成できて、一定期間メールを受信できるサービスです。

そんな捨てアドを利用するなら「ワンタイムメール」が簡単。ワンタイムメールでのアドレスの作成はワンクリックでOKです。受信したメールはサイト上で確認可能。メールの受信だけでなく送信や返信もできます。

ワンタイムメールはサイト上で「今すぐ利用する」をクリックすると、1週間有効の捨てアドを発行する仕組み。捨てアドが作成されたら、そのメールアドレスをコピーして使うだけです。

捨てアドのほか共有アカウントもある

実際に、ワンタイムメールで捨てアドを作成して、そのアドレスを使って海外の動画共有サイト「Dailymotion」に登録してみました。すると、何の問題もなく認可されたのです。

このほか、捨てアドを使って会員登録しなくても、動画共有サイトを利用する方法があります。それが「共有アカウント」です。共有アカウントを使えば、動画共有サイトへの登録せずにログインが可能になります。

「BugMeNot」は、会員制サイトのアカウントを共有しているサービスです。URLを入力すると、共有アカウントが表示されるというシンプルな設計になっています。共有アカウントが見つかれば、会員登録せずに共有アカウントでログインできるというわけです。

■「捨てアド」おすすめ記事
捨てアドを使ってアカウントを量産する方法
捨てアドを使えばアングラサイトも怖くない
ワンタイムメールで捨てアドを作って安全に登録

■「Google」おすすめ記事
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる
Googleのハングアウトはスパイツールに使える
探偵が素行調査に使うGoogleの検索テクニック
Gmailのアドレス追加が無限にできるエイリアス

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事