ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フリマやオークション「トレカ詐欺」3パターン

昨今のトレーディングカードバブルは異常を極めています。10万円超えで取り引きされるカードも存在し、純粋にカードゲームを楽しむ人がカードを入手できないという問題も起きているのです。そんなカードゲーム界隈で頻繁に起きているのが、パチモノの蔓延。そこで、フリマ・オークションで見つけたトレカ詐欺3パターンを見ていきます。


フリマやオークション「トレカ詐欺」3パターン

トレカ詐欺は画像で判断するのは困難

人気絶頂のトレーディングカードはあの手この手で売りつける手口が横行しています。とくに気を付けるべきはフリマ・オークションです。実際に入手したトレカ詐欺がこちらの3パターンで、卑怯な手口に開いた口が塞がりません。

トレカのありがち詐欺が「海外生産品のポケモンカード」です。中国のコピー業者が作ったコピー品をAliExpressで購入し、それを日本国内のオークションサイトに出品している輩がいます。

色が薄かったり紙質が違ったりと本物と比べれば違いは明らかですが、スマホやPC画面上の単体の画像だけで判断するのは困難でしょう。

「モニターによって色の見え方が違います」などの、余計な書き込みがあったら警戒した方が無難。「リザードン」や「ピカチュウ」といった10万円近くの値が付くようなカードは、とくに注意してください。

トレカのありがち詐欺が「カラーコピーが届く」パターン。公式サイトやカードゲームショップにアップされているカードの画像をかき集め、それをコピー用紙に印刷して購入者に送りつける悪徳商法もあります。

トレカ詐欺は相場よりやや安値で出品

元手0円でできてしまうので、参入のハードルは低め。しかしカード自体が手元にないので、出品ページの画像は公式サイトの流用だったり、他人の出品画像を盗用していることが多く、比較的判別しやすいでしょう。

引っかかりにくい商品であることを出品者も自覚しているのか、相場よりもやや安価で出ている傾向にあります。

トレカのありがち詐欺が「出品ページの画像が届く」パターン。こちらはカード画像のカラーコピーではなく、出品ページにアップされた画像をそのまま印刷して送られてきます。

カードの背景にある机や壁、手なんかも写り込んでいて、思わず呆れてしまいます。今回入手したものはていねいにコンビニで写真プリントされていました。

1枚100円で数万円を手にできるのであれば、この程度の手間は厭わないといったところでしょうか。こうなると心理戦のようで見抜くのは難しいですが、説明文に「写真がすべてです」などの記載があったら怪しいです。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事