ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

還付金詐欺の名目「医療費」に次いで多いのは?

「還付金詐欺」は医療費などの過払い金があると持ちかけ、金銭を騙し取る詐欺です。電話でATMの操作方法を指示し、本人に振り込み手続きをさせます。平均被害額は1件あたり120万~130万円。2016年がピークで約43億円の被害がありましたが、2020年は25億円まで減っています。


還付金詐欺の名目「医療費」に次いで多いのは?

還付金詐欺は電話でATM操作方法を指示

還付金詐欺は電話でアプローチしてくるのが特徴。犯人グループは総当り方式で電話をかけます。被害は都市部に限らず、2020年11月には山口県内で不審電話が相次ぎました。

基本的には、ATM操作に慣れていない高齢者を口八丁で誘導し、犯人の口座に入金させます。もらえるはずのお金を自ら振り込ませるとは、考案者はかなり悪知恵が働く人物なのでしょう。

還付金詐欺は電話でATMの操作方法を指示されることが多いため、銀行側も警戒。スマホで話しながらのATM操作に自粛を呼びかけているほどです。

還付金詐欺は医療費と保険金で9割超

還付金詐欺の払い戻し名目でもっとも多いのが「医療費」で61%、次いで「保険金」が30%で、この2つで9割を超えています。じつは「年金」や「税金」の割合は意外と少ないのでした。

競馬やパチンコの必勝法、宝くじの当選番号を教えるなどと持ちかけて信用させ、金銭を騙し取る詐欺があります。それが「ギャンブル詐欺」です。

ギャンブル詐欺は当選番号を言い当てて信用させるのが常套手段。例えば、宝くじの当選番号はWebで真っ先に発表されます。犯人はこれを見て当選番号を把握。翌日、新聞に当選番号が掲載されるまでのタイムラグを利用して、被害者を信用させるわけです。

単に興じる人数が多いからでしょうが、必勝法名目での被害が多いのは「競馬」と「パチンコ」。くれぐれも気を付けて遊びたいものです。必勝法や当選番号が漏れるようなオイシイ話は絶対にありません。仮に知っていたら独り占めするはずです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事