ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Fire TVでYouTube広告をカットする非公式アプリ

Amazonのメディアストリーミング端末「Fire TV」シリーズは、対応アプリが増えたとはいえ、Android用に比べると多くはありません。そこで活用したいのが、さまざまな機能を持った非公式アプリです。さっそく、Fire TVでYouTube広告をカットする非公式アプリを導入する方法を紹介しましょう。


Fire TVでYouTube広告をカットする非公式アプリ

Fire TVで使える非公式アプリストア

Fire TVで以前から知られるのが、APKを遠隔インストールできるアプリ「Apps2Fire」を使って、スマホ内のアプリをFire TVに転送するという方法でした。

そして、ここ最近のトレンドは「Aptoide TV」。ポルトガル発の非公式Androidアプリストアで、Google Playの代わりに使えます。Aptoide TVをFire TVにインストールしておけば、直接FireTVにAndroid用のアプリをぶち込めるわけです。

Aptoide TVは、Fire TVの公式アプリである「Downloader」を使えば、簡単にインストール可能。「Downloader」をFire TVにインストールしたら、Downloaderアプリで「http://troypoint.com/app」のURLを入力します。

すると、Aptoide TVのapkファイルがダウンロードされるのです。「Go」をクリックすると「Aptoide TV」がインストールされます。これでAptoide TVが使えるようになりました。

Fire TVでYouTube広告をカットする

なお、非公式アプリをインストールする前に、Fire TVには事前準備が必要です。設定の開発者オプションにある「ADBデバッグ」と「不明ソースからのアプリ」の2項目をオンにしておきましょう。これで非公式アプリ(APK)をインストールできるようになります。

そして、YouTube動画に挿し込まれる広告をカットできるアプリが「Smart YouTube TV」。ストリーミングデバイス向けにカスタマイズされた非公式のYouTubeアプリで、動画の開始前と途中に流れる広告動画がすべてカットされます。

UIは本家と変わらないため使い勝手は抜群で、いつものYouTube感覚で利用可能。Aptoide TVでアプリ名を検索したら「インストール」をクリック。Google Playと同様にアクセス権に関する記載が表示されるので、さらに「インストール」をクリックすればOKです。

さっそく、YouTubeとSmart YouTube TVで同じ動画を再生してみました。YouTubeは本編再生前に広告が入っていましたが、SmartYouTube TVはナシ。すぐに本編が再生されました。デフォルトで広告カット機能がオンになっていますが、うまく機能していない場合は、設定のページから「Ads block」の項目を確認しましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事