ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

リージョンフリーで海外製の安価なDVDを楽しむ

市販のDVDやBDには「リージョンコード」という地域情報の縛りがあります。基本的にプレーヤーとソフトのコードが合っていないと、そのソフトは再生できません。そんな時に役立つのがリージョンフリーのDVDプレーヤー。しかも最近では、中華系のリージョンフリー格安プレーヤーも登場しています。


リージョンフリーで海外製の安価なDVDを楽しむ

リージョンフリー化した製品が鉄板

日本のDVDのリージョンコードは「2」で、中東やヨーロッパと共通です。一方、Amazonなどで最も入手しやすく、ボックスが安い北米盤は「1」。台湾や韓国などは「3」。日本でDVD化されていない海外ドラマや映画が見られます。

そんな海外のDVDを見るのに役立つのが全リージョンに対応するリージョンフリープレーヤー。パナソニックやソニーの海外版DVDプレーヤーを販売業者が勝手にリージョンフリー化した製品が鉄板です。

そして、最近では中華系のリージョンフリー格安プレーヤーも出てきています。そこで、パナソニックの海外版DVDプレーヤー「DVDS700P」と、格安リージョンフリーDVDプレーヤー「BSD-M2HD」(プロテック)で画質を比較しました。

リージョンフリープレーヤーを比較

比較したリージョンフリープレーヤーのDVD-S700Pは実勢価格15,900円。サイズは310W×38H×200Dmm、重さは1,100gです。一方のBSD-M2HDは実勢価格3,980円、サイズは225W×45H×223Dmmで、重さは1,000gとなっています。

いずれの製品もリージョンは「ALL」です。ALLという表記は、1から8まであるリージョンすべてを網羅していることを表しています。

比較した映像はアメリカ版『ウルトラマン』。DVD-S700Pの方が若干滑らかです。BSD-M2HDは、深い色調が表現されているものの若干映像が粗い印象。結果は、DVD-S700Pの方が若干、解像感に優れているようです。ただ、BSD-M2HDは、価格を考慮すると十分お得感のあるリージョンフリープレーヤーでしょう。


リージョンフリー改造BDプレーヤー

リージョンコードはDVDなら1~6(0はALL)、BDならA~Cに区分されています。アニメのDVDやBDの国内盤コンプリートBOXは数万円と高価。しかも、国内盤は表現規制がうるさく、NGワードがあればシーンカットされます。

リージョンフリープレーヤーがあれば、国内盤を買い集めるよりもお得なケースがほとんど。しかも、自主規制で余計なカットがされない無修正版も視聴できます。実際、安価かつノーカットの海外盤をマニアは収集しているのです。

一方で、一部の北米盤の中に「国コード」で再生を制限するソフトも登場しています。そこで注目されているのが、大手メーカー製の北米仕様をリージョンフリーに改造したBDプレーヤーです。

リージョンフリーの購入は事故責任

例えば、リージョンフリー化されたソニーのBDプレーヤー「BDP-S1700」がAmazonで販売されています。再生はBDがA/B/C、DVDが0~6に対応。放送方式はNTSC/PALとなっています。サイズ/重さは23.0W×3.9H×19.4Dcm/0.8kgで、実勢価格は27,800円です。

ただし、リージョンフリーに改造したBDプレーヤーの購入はあくまで自己責任。というのも、リージョンフリー化されているソニーやパナソニック製のBD・DVDプレーヤーは、北米仕様の海外モデルを販売業者が非公式に改造したものだからです。

同じ型番でもリージョンフリー化されていないものも存在。リージョンフリー化されたBDプレーヤーは、購入前に十分に確認する必要があるのです。

■「リージョンフリー」おすすめ記事
リージョンフリーBDプレーヤーを海外通販する

■「BDプレーヤー」おすすめ記事
BDZ-ET2200でスマホから録画番組を見る方法
データ放送も録画するシャープ製BDレコーダー
BDレコーダーにマニアがシャープ製を選ぶ理由
BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事