ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3日間でポイントをいくら稼げるか限界に挑戦!

クリックするだけでポイントがもらえ、貯まれば換金できるのが「ポイントサイト」。すきま時間を使って楽に手堅く稼げます。そこで、3日間でポイントをいくら稼げるか限界に挑戦してみました。3日間で貯めることができたポイントは49,720ポイント。約5千円をゲットすることができたのです。


スポンサーリンク
3日間でポイントをいくら稼げるか限界に挑戦!

ポイントサイトのニュースを読む

1日目は、5~10分でできるアンケートなどを試します。複数サイトで登録するため、Google Chromeブラウザを使って会員登録。Google Chromeは「フォームの自動入力」が動作し、メールアドレスや住所が自動的に表示されます。さらに、ポイントサイトごとのIDやパスワードも記憶できるので、サイトの管理に便利です。

ポイントサイトのニュース記事で読みやすかったのは「G・Point」。Yahoo! ニュースのような作りで、通勤時や仕事中にも目立たず続けられそうです。逆に、少々メンドウだったのは「CMサイト」のアンケート。回答ボタンを押す寸前に広告が滑り込んできたりと、とにかく広告ばかり。余計な広告を踏んでしまいました。

2日目は、20~30分でできるアンケートを何問か答えます。「ポケットアンとケイト」は問題数が多いものの、もらえるのは最大で20ポイントです。時間だけはあるので、クレジットカードを発行して大量のポイントを狙ってみることにしました。そこで利用したのが、ポイント付与率比較サイトです。

人気の覆面モニターでポイント入手

「どこ得?」は、各ポイントサイトでもらえるポイントを何円相当か自動的に換算し、お得な順に並び変えてくれます。例えば、楽天カードの発行だと「お財布.com」は500円ですが、「ハピタス」は1,300円分のポイントが付与されます。

ただし、ここで気を付けたいのが詐欺サイト。評判や実績を調べてから利用することが大切です。今回は、ハピタス経由でクレジットカードを発行しました。

飲食店での覆面モニターは、運が良ければタダ飯にありつけるだけに競争率が高い人気のカテゴリ。「ファンくる」では、新規案件は深夜24時に追加されるようで、特に毎月1日になった瞬間に一気に更新されるとのことです。

そこで、3日目は代金の50%が還元される鉄板焼き屋の覆面モニター募集に応募。当選後4日以内に店に行くのが条件です。アンケート内容は意外と多く手こずりました。これで45,000ポイントを入手。

買い物モニターでは、100%還元のお好みソースを購入してレシートを送信。3,300ポイントが入り、現物も手元に残ります。ただ、この指定された商品がなかなか見つからず、スーパーをはしごするハメに…。常日頃から新製品に強いスーパーを探しておくのがコツかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事