ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法

数あるWeb会議ツールの中で、随一のユーザー数を誇るのが「Zoom」です。Zoomには録画機能が標準搭載されていますが、ホスト以外のメンバーが録画するためには、ホストの許可が必要。また、標準の録画機能では、記録されるのは会議の映像のみで、テキストチャットなどは収められません。


「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法

Zoom録画にWindows標準のゲームバー

「Zoom」の録画機能を使うためには、ホストにレコーディングの許可を得る必要があります。ホスト自身が録画する場合でも「REC」表示が出る仕組み。この仕様は、他のWeb会議ツールでもほぼ同じです。

そこで、メンバーにバレずにこっそりWeb会議を録画したいという時に活用したいのが、デスクトップキャプチャツール。Windows10であれば、標準機能であるキャプチャツール「ゲームバー」を使えばOKです。画面を丸ごとキャプチャできるので、会議映像以外も記録でき、もちろんメンバーにもバレません。

「Windowsキー」+「G」で「ゲームバー」は起動。デフォルトではマイク録音がオフなので、マイクボタンを押してONにしておきます。キャプチャボタンをクリックすると録画開始。記録されるのは、アクティブなZoomの画面のみです。

ゲームバーは停止ボタンで録画終了。録画ファイルは「PC」→「ビデオ」→「キャプチャ」にMP4ファイルとして保存されます。

Zoom録画にiPhoneの標準機能を活用

iPhone(iOS10以上)にも、標準で「画面収録」というキャプチャアプリがあります。しかし、このアプリは使用する際に「ピッ」という起動音が鳴る仕様のため、iPhone本体をミュートにしていても、メンバーに起動音が聞こえてしまいます。

つまり、画面収録の起動は会議参加前に行っておくのがポイントです。そうすることで、メンバーに気づかれることなく会議を録画できます。

具体的な操作は、まずiPhoneの「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」をタップ。画面収録の左横にある「+」をタップして、コントロールセンターに画面収録ボタンを追加します。

Zoom会議に参加する前に、コントロールセンターを表示。画面左下にある画面収録ボタンをタップすれば3秒後に録画開始。録画終了時も終了音が鳴るので、相手が退出するまで録画し続けることを忘れずに。録画ファイルは「写真」アプリ内に保存されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事