ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

データ復元ソフトで元に戻るもの・戻らないもの

大切な資料を誤って消去したり、消された写真を取り戻したりしたい時に威力を発揮するのが「データ復元ソフト」です。ただし、海外メーカーの無料ツールから国内メーカーの有料ツールまで、その種類はさまざまあります。データ復元ソフトで「元に戻るもの・戻らないもの」は何でしょうか?


スポンサーリンク
データ復元ソフトで元に戻るもの・戻らないもの

データ復元ソフトの性能をチェック

そこで、画像・動画・テキストといった各種ファイルをダミーデータとして用意し、次の3つの条件でデータ復元ソフトの性能をチェックしました。1つはHDD消去直後です。HDDから実験用のデータを消去し、直後に復元ソフトを使用。データを消してから時間が経っていない状況を再現しました。

2つめはHDD上書き後。データを消去して30分放置した後に100MBのダミーファイルを100個書き込みました。上書きされたデータの復旧性能を測ります。3つめはUSBメモリ。最近のデータ復元ソフトはUSBメモリに対応しているものが多く、こちらもファイルを消した直後に復元テストを行いました。

テストしたデータ復元ソフトは、完全無料で使える定番の海外製ツール「Recuva」と、一部有料のツール「DiskDigger」、すべて日本語表記の国内メーカー製の有料ツール「ファイナルデータ」です。

データ復元ソフトでもほぼ不可能

その結果、データ復元ソフトを使えば消去直後なら、どのツールもデータを復元させることが可能。基本的なデータ復元の方法は、いずれのツールも同じなので当たり前と言えば当たり前です。

しかし、USBメモリでは無料ツールでは長時間のスキャンが必要だったのに対して、有料ツールは数分で完了します。これがデータ復元ソフトの有料版と無料版の差なのかもしれません。

また、データ消去後にファイルを上書きすると、データ復元ソフトを使っての復元はほぼ不可能。つまり、スピードが命ということです。

間違ってデータを消去したりHDDが不安定になりフォーマットを要求された場合、すぐにデータ復元ソフトを使えば取り戻せる可能性は大。まずは無料のデータ復元ソフトを導入して、万一のシーンに備えておくと安心でしょう。

■「データ復元」おすすめ記事
iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
データ復元ソフトはPCが起動しない事態も復旧

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事