ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

X JAPANも聞ける防災無線チャイムYouTube動画

街中のスピーカーから毎日流れてくる防災無線のチャイムは市町村ごとに違いますが、「ふるさと」など、昔からある無難な曲が使われるケースがほどんどです。そうしたなか、最近のJ-POPを採用するなど攻めた選曲を行う市町村もあり、そうした防災無線チャイムを実際に足で巡って収録したYouTubeチャンネルで聞くことができます。


X JAPANも聞ける防災無線チャイムYouTube動画

防災無線チャイムで「FOREVER LOVE」

学校や公共施設などにスピーカーが設置されることの多い防災無線は、正式には「防災行政無線」と呼ばれ、各市町村が災害時の情報発信のために運用しています。「無線」と付いているのは、市町村の庁舎からスピーカーが置かれた場所への送信に無線が使われるためですが、最近は有線回線を利用するケースも増えています。

大きな災害などがない限り、防災無線では決まった時刻にチャイムやメッセージが流れるのみ。このような放送が流れるのは、防災無線が正確に動いているかどうかをチェックするためです。あくまでチェック用なので、流れるチャイムについても無難なものを選ぶ市町村が圧倒的です。

そうしたなか、地元にちなんだチャイムを防災無線で流す市町村も少ないながら存在します。もっとも有名なのがX-JAPANの「FOREVER LOVE」を採用する千葉県館山市で、メンバーのYOSHIKIとTOSHIの出身地にちなみ選ばれました。この音源は、美輝川さんのYoutubeチャンネルで聞けます。

防災無線チャイムでラジオ体操を流す

美輝川さんのYoutubeチャンネルでは数多くの防災無線チャイムを配信しており、茨城県笠間市の防災無線は12時が「上を向いて歩こう」、17時が「明日があるさ」と故・坂本九のヒット曲を流しています。こちらは、坂本九が戦時中に実家のある笠間市へ疎開していたことにちなむようです。

防災無線の音楽に市町村歌を選ぶ自治体も数多くありますが、市町村歌自体が攻めた内容のため、結果的にユニークなものになることもあります。新潟県燕市の防災無線では市歌「恋ツバメ。」を流していますが、この曲は地元音楽ユニット・ウタヤ音楽堂が2009年に新しい燕市の誕生3周年記念として作ったものです。

また、チャイムではありませんが埼玉県長瀞町では15時からの防災無線でラジオ体操第一をそのまま流しています。実は、長瀞町がラジオ体操第一を防災無線で流し始めたのは2020年から。同町のWebサイトによると、新型コロナウイルス感染症の流行で運動不足になりがちな町民の健康増進を目的に行っているとのことです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事