ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

本人が了承した上でカバンで持ち歩く盗聴器とは

盗聴器の発信源となっている場所は一般家庭が第1位。続いて多い発信源がラブホテルになります。ラブホテルは常に愉快犯に狙われている場所です。しかし、最近はラブホテルを発信源とする盗聴器は減少傾向。そして、それに代わって増えている盗聴器の発信源がデリヘル嬢のカバンの中なのでした。


スポンサーリンク
本人が了承した上でカバンで持ち歩く盗聴器とは

ラブホテルは盗聴器を定期的に調査

東京・渋谷の道玄坂から円山町のラブホテル街を、盗聴発見業者とともに盗聴器の発信源を探して辺りを数周してみました。しかし、盗聴器の発信源は1つも発見できませんでした。それには理由があると盗聴発見業者は語ります。

「最近はラブホテルもセキュリティ意識が高くなりました。ネットでどこそこのホテルには、盗聴器が仕掛けられているとか書かれると、イメージが悪くなります。なので、定期的に“掃除”をしている」というのです。

“掃除”とは盗聴器を探し出して取り除くことを意味します。すなわち、盗聴発見業者に依頼して、盗聴器が仕掛けられていないかを定期的に調査。盗聴器を発見すると取り除いているのです。

盗聴器を本人が了承の上で持ち歩く

このように、ラブホテルから盗聴器の発信源は消えつつあるのが現状。しかし一方で、新たな盗聴器の発信場所が増えてもいます。それはデリヘル嬢のカバンの中。客室に入ったデリヘル嬢の様子を送迎ドライバーが盗聴器でうかがっているのです。

見ず知らずの相手と密室で対面する仕事は、何が起こるか分かりません。そこで入室したデリヘル嬢がお店に電話を入れてからしばらく、送迎ドライバーは客とのやり取りをカバンに入れた盗聴器から聞いているらしいのです。

もし助けを求められれば、すぐに駆けつけられるというわけ。デリヘル嬢の安全面の配慮は、在籍数確保のためだろうといいます。デリヘル嬢が大勢いなければ、お店は儲かりません。本人が了承の上で持ち歩く盗聴器も世の中にはあるのでした。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事