ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

悪意ある人間が個人の情報を得るために仕掛けた無線機器が盗聴器。そこからは、声の主の意思や行動とは全く無関係にプライバシーの一部始終が聞こえてきます。盗聴波とは、そんな盗聴器から発射される電波のことです。はたして、盗聴波からから漏れてくる音声はどんな内容が多いのでしょう?


盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

盗聴器が音声を電波に乗せて飛ばす

盗聴波は、情報収集器として売られている電波発信器を、悪意を持って盗聴器として使用した時の電波です。盗聴器をターゲットの家・店舗・オフィスに侵入して取り付けたり、ホテルに客として入室。客室に仕掛けていくこともあります。

盗聴器は極めて小型で隠しやすく、中には日用品に擬装したタイプもあるので、その存在には気が付きにくいもの。盗聴器に内蔵された超小型マイクが室内で発せられる音声をかき集めて、電波に乗せて飛ばします。この電波を仕掛けた当人が受信して、他人の秘密を暴いたり、相手の様子をうかがっているのです。

盗聴器の種類としては、大きく「電池式」と「AC電源式」があります。電池式は設置場所の自由度が高く、即座に取り付けられるのがメリット。一方、電池の消耗とともに飛距離が短くなり、1週間程度で停波するのがデメリットです。

盗聴器の音声はほとんど単なる会話

AC電源式の盗聴器は、安定した電波を半永久的に発射し続けることが最大のメリット。ただし、コンセントにしか設置できません。このため、一般家庭では相手に発見されやすい盗聴器でもあります。

盗聴器を仕掛ける行為は、不法な侵入を伴ったり、コンセント内部への盗聴器の取り付けなど、電気工事士の資格が無ければ違法。法律を犯してまで盗聴器を仕掛けて聞きたいという内容は、とても興味のあるところです。

しかし、一般家庭・店舗・オフィスなどから出ている盗聴波はそれほど、スキャンダラスな内容ではありません。一般家庭からは生活音や日常の会話、店舗やオフィスからは接客の様子や人の気配、電話対応の音声など。盗聴器を仕掛けた人間には有用な情報でも、第三者には単なる会話にしか聞こえないものがほとんどです。

それでも時には、怪しげな会話や男女の色事も聞こえてきます。ラブホテルで枕元のコントロールパネル内に、AC電源式盗聴器を仕掛けられると、盗聴器の知識がない限り発見はほぼ困難。半永久的に男女のプライバシーを周辺にバラまくことになります。


盗聴器はどこから音声を飛ばすのか?

一般家庭に仕掛けられる盗聴器は、どこにセットされて音声を拾っているのでしょうか。音声を盗み聞く盗聴器は身内によってセットされる場合もあります。家庭内は、浮気から遺産相続まで、骨肉の争いが絶えないケースが多いからです。

こうした場合、盗聴器を仕掛ける側が室内に出入りできるため、設置に時間のかかるAC電源式の盗聴器をセットすることも可能。AC電源式の盗聴器は、テレビの裏側やコンセントの中、電話機の中など、見つかりにくい場所に仕掛けられて音声を拾います。

電池式の盗聴器でも電池交換できるので、音声をくまなく拾うことを重視して照明器具の上やエアコンの上などに設置するケースも目立つのが特徴です。マンションやアパートの場合、部外者が外からセットできる新聞受けの中も、盗聴器が仕掛けられているかチェックすべき場所になります。

盗聴器が音声を拾う場所1つめは「エアコン周辺」。高い位置に設置すると、ターゲットが部屋のどこに居ても音声を拾えることから、エアコン周辺やエアコン内部にセットされることが多いといいます。

自宅に盗聴器がないかチェックすべき6つの場所

盗聴器のみならず音声レコーダー設置

盗聴器が音声を拾う場所2つめは「照明器具の上」です。エアコン同様、部屋全体の音声を拾える場所に、電池式の盗聴器が仕掛けられます。

そして、盗聴器が音声を拾う場所すべき3つめは「コンセント周辺」です。三又コンセントやマルチタップに偽装された盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。盗聴器に常に電気を供給できることが狙われる理由です。

盗聴器が音声を拾う場所4つめは「電話機周辺」。コンセント同様、電気供給もできることから電話機本体周辺や回線周辺に盗聴器が仕掛けられます。そして、電話の音声を電波で飛ばすのです。

盗聴器が音声を拾う場所5つめが「新聞受け」です。マンションやアパートなどの共同住宅では、玄関ドアに付いていることが多い新聞受けは、電池式の盗聴器が仕掛けられやすい場所。ドアの外から盗聴器をセットでき、電池交換もできるからです。

盗聴器が音声を拾う場所6つめは「テーブルの裏側」。家に自由に出入りができると仮定すると、盗聴器のみならずボイスレコーダーをテーブルの裏側に貼り付けて音声を録音するケースも考えられます。

■「盗聴音声」おすすめ記事
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器を発見するときは117の時報を流し続ける

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事