ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

悪意ある人間が個人の情報を得るために仕掛けた無線機器が盗聴器。そこからは、声の主の意思や行動とは全く無関係にプライバシーの一部始終が聞こえてきます。盗聴波とは、そんな盗聴器から発射される電波のことです。はたして、盗聴波からから漏れてくる音声はどんな内容が多いのでしょう?


スポンサーリンク
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

盗聴器が音声を電波に乗せて飛ばす

盗聴波は、情報収集器として売られている電波発信器を、悪意を持って盗聴器として使用した時の電波です。盗聴器をターゲットの家・店舗・オフィスに侵入して取り付けたり、ホテルに客として入室。客室に仕掛けていくこともあります。

盗聴器は極めて小型で隠しやすく、中には日用品に擬装したタイプもあるので、その存在には気が付きにくいもの。盗聴器に内蔵された超小型マイクが室内で発せられる音声をかき集めて、電波に乗せて飛ばします。この電波を仕掛けた当人が受信して、他人の秘密を暴いたり、相手の様子をうかがっているのです。

盗聴器の種類としては、大きく「電池式」と「AC電源式」があります。電池式は設置場所の自由度が高く、即座に取り付けられるのがメリット。一方、電池の消耗とともに飛距離が短くなり、1週間程度で停波するのがデメリットです。

盗聴器の音声はほとんど単なる会話

AC電源式の盗聴器は、安定した電波を半永久的に発射し続けることが最大のメリット。ただし、コンセントにしか設置できません。このため、一般家庭では相手に発見されやすい盗聴器でもあります。

盗聴器を仕掛ける行為は、不法な侵入を伴ったり、コンセント内部への盗聴器の取り付けなど、電気工事士の資格が無ければ違法。法律を犯してまで盗聴器を仕掛けて聞きたいという内容は、とても興味のあるところです。

しかし、一般家庭・店舗・オフィスなどから出ている盗聴波はそれほど、スキャンダラスな内容ではありません。一般家庭からは生活音や日常の会話、店舗やオフィスからは接客の様子や人の気配、電話対応の音声など。盗聴器を仕掛けた人間には有用な情報でも、第三者には単なる会話にしか聞こえないものがほとんどです。

それでも時には、怪しげな会話や男女の色事も聞こえてきます。ラブホテルで枕元のコントロールパネル内に、AC電源式盗聴器を仕掛けられると、盗聴器の知識がない限り発見はほぼ困難。半永久的に男女のプライバシーを周辺にバラまくことになります。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器を発見するときは117の時報を流し続ける

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事