ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が急増しています。盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代なのです。



スポンサーリンク
盗聴はアプリを入れればできる

アプリを入れればスマホが盗聴器

従来の電波式の盗聴器は、一般の人には遠い世界の特殊な機器と思いがちですが、携帯電話やスマホなら身近ですから。また各キャリアで、かけ放題プランも始まり、通話料金を気にしなくていいという利点は、携帯端末での盗聴行為をさらに容易にしました。

最近では、夫婦やカップルの片方が、パートナーのスマホにアプリを入れ勝手に監視する方法が多く見受けられます。アプリを入れさえすればスマホが盗聴器になるわけですから、対象者本人が何の疑いもなく持ち歩いてくれる上、ネット/電話回線経由のため受信距離も関係ありません。

ある意味最強の盗聴ツールです。特にスマホはさまざまな監視系アプリ、カメラ系アプリがありますので、使い様によっては強力なツールになり得ます。

スパイアプリで気づかぬ間に盗聴

よく使われるのが、遠隔操作系は「Cerberus」、ICレコーダー系は音がある時だけ録音する「Dictaphone」、カメラ系だと動体検知して撮影する「セキュカム」などでしょうか。

近しい人間からの被害としては、新しいものに買い換えて使わなくなり、自宅に放置してあるスマホなどに、上述したようなスパイアプリをインストールされ、気づかない間に盗聴器や盗撮器にされてしまっている事例もあるようです。

その後は、アプリをダウンロードせずとも自動着信機能を有する携帯電話にイヤホンマイクをセットしておき、車内や家に発信するだけで、携帯電話の周囲の音声を聞くことも可能です。SIMロック解除をして、格安SIMで運用し、通信ができる状態にしておけば安価で高性能な遠隔盗聴、盗撮ができてしまうのです。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「盗聴器とスマホ」おすすめ記事
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

■「盗聴」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事