ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープはカバーがないと覗き穴になる危険

玄関ドアはカギの強化など侵入対策はもちろんのこと、外から室内を覗かれるプライバシーの侵害も密かに発生している可能性があります。玄関のドアスコープはカバーがないと覗き見される危険があるからです。ドアスコープにカバーを付けるなど、玄関ドアのセキュリティアップは急務といえるでしょう。


ドアスコープはカバーがないと覗き見される危険

ドアスコープはカバーがないと覗き穴

防犯用スコープを悪用して、玄関のドアスコープから女性宅の室内を覗いた男が逮捕されました。防犯用スコープとして売られている商品は、実は普通の単眼鏡で、逆方向で使うと外側のドアスコープから室内が見えしてまうのです。

ミザールテックの「MD-718」は、ドアスコープを外から見て侵入者を事前に発見するための防犯用スコープ。 実勢価格は1,780円です。

ドアスコープに使う防犯用スコープの本来の用途はあくまで危険回避のため。「帰宅時にカギが開いていた」「人の気配がした」など、住人がドアを開ける前にドアスコープから室内の様子をうかがうのに使います。すなわち、ドアスコープはカバーがないと外からの覗き穴になる危険があるのです。

ドアスコープカバーを取り付けて防止

実際、単眼鏡を逆にしてドアスコープに当てると、玄関ドアの外側から室内の様子が分かります。中に入る前にドアスコープから内部を確認して侵入犯に備えるのが、正しい使い方です。

玄関ドア前からのシチュエーションを想定して、デジカメの20mm広角レンズを使ってドアスコープから撮影してみました。ドアスコープから奥に見えるスチールラックまでの距離は約7mです。

この7mはドアスコープからワンルームマンションの奥行きに近い距離。ドアスコープに7倍率の単眼鏡を当てて見た室内は、超ズームの世界。ドアスコープからのピント合わせはシビアで、使用するにはある程度の条件が必要になるでしょう。

このため、ドアスコープにカバーをして、室内から外を見るときだけカバーを外す覗き見防止カバーは必須でしょう。ドアスコープカバーは、数百円程度で購入できます。

ドアスコープはカバーがないと除き穴


ドアスコープカバーの代わりにカメラ

ドアスコープはカバーがないとただの覗き穴です。ドアコープカバーの代わりにドアスコープカメラを取り付けるという選択肢もあります。「ルスカ PHV MAC」は、工事不要で取り付けできるドアスコープカメラです。

ドアの内側に設置するとドアスコープがレンズのような役目を果たして、ドアの外側を撮影してくれます。このため、ドアの外側からはカメラの存在は気づかれません。単三乾電池で動くため、配線工事などが必要ないこともうれしいところです。

ドアスコープカバ代わりに使えるカメラが対応するドアスコープは直径12mmタイプで、対応するドアの厚みは35~57mmです。電源は単3形乾電池×4本。サイズは87W×158H×34Dで、重さは170g。実勢価格は26,784円です。

ドアスコープカバー代わりにドアスコープカメラ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事