ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

500m先の暗闇も明るく撮れる暗視スコープが登場

カメラ技術の進歩により、暗視撮影できるスパイカメラが増えてきました。比較的安価に手に入れることができ、室内などであれば申し分ない性能を持つモデルも存在します。しかし、あくまで補助機能であるため、100mを超えるような長距離では赤外線LEDが届きません。そこで、500m先の暗闇も明るく撮れる暗視スコープを紹介しましょう。


500m先の暗闇も明るく撮れる暗視スコープが登場

2.5世代相当スペックの暗視スコープ

オンスクエアのGexaシリーズの暗視スコープ「GX-109」は、2.5世代相当のスペックを備えたデジタルモデルです。見た目は双眼鏡ですが、右目側は強力な赤外線LEDになっており、照射距離は500mあります。

この暗視スコープなら、遠く離れた暗闇に潜むターゲットも昼間のように映し出せるというわけ。また、録画&静止画撮影機能を備えており、ファインダーで見ている状況を簡単にmicroSDカードに保存できるのもポイントです。

ファインダー部分はディスプレイとなっており、暗視スコープを顔から離した状態でも運用できます。底面にはネジ穴があり、三脚で固定して定置観測も可能です。

わずかな光で暗視スコープをテスト

わずかな光のみが見えるシチュエーションでテストしました。暗視スコープが光を増幅し、服装や持ち物まで判別できました。5倍ズームで撮ってもボケは少ない印象です。

よりコントラストをはっきりさせたい時は、暗視スコープを白黒モードに切り替えてみましょう。すると、ターゲットの姿がくっきり浮かび上がりました。

暗視スコープの解像度は1920×1080ドット(動画)、3200×1800ドット(静止画)です。イメージセンサーは1/2.7インチ CMOS。赤外線波長は850nmで、有効照射距離は2~500mとなります。

ズームは光学5倍で、視野角は約8.9度。保存形式はJPEG(静止画)で、記録メディアはmicroSDカード(最大256GB)です。ディスプレイサイズは2.8インチとなります。サイズ/重さは130W×58H×185Dmm/約467g。実勢価格は50,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事